アジア サッカー最終予選2004(アテネオリンピック2004アジア地区最終予選) 2004年3月18日(木) 19:20キックオフ 東京/国立競技場 u-23日本代表 3-0(前半2-0、後半1-0) u-23uae代表 . 私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第10回アテネ五輪に出場できなかった主将の胸中鈴木啓太(3)アテネ五輪の代表メンバーから落選した時の心境を語ってくれた鈴…(2019年11月13日 6時30分39秒) 五輪のメンバーからは外れたものの、GK楢﨑正剛、DF中西永輔、MF平野孝もアトランタ世代だ。 そのなかでも、川口、中田英、城の3人はW杯で全3試合に先発起用された。� サッカーデータ.com - 選手名鑑・ワールドカップデータ・動画集 . 2003年にサッカー ... 2012年にはu-23代表としてロンドン五輪メンバーに選出され、グループリーグ2試合に先発出場。銀メダル獲得に貢献した。 2015年5月24日、コパ・アメリカ2015の代表メンバーに離脱したジエゴ・アウヴェスに代わって追加招集された 。 タイトル クラブ ユヴェントスfc. サッカーアジア最終予選に出場する日本代表メンバーの一覧表です。 日本代表メンバー - 北京五輪サッカーアジア最終予選 : nikkansports.com お客様のブラウザはジャバスクリプト(Javascript)に対応していないか無効になっています。 選手名鑑. 2004年アテネオリンピックでのサッカーの日本代表選手団を一覧で紹介します。日本オリンピック委員会(joc)公式サイト 欧州圏; 南米圏; アフリカ圏; アジア圏; 歴代最優秀選手. 2004年アテネオリンピックのサッカー競技は、2004年に開催されたアテネオリンピックのサッカー競技。男子競技が、8月11日に開幕、8月28日に決勝戦が行われアルゼンチンが金メダルを獲得した。女子競技は8月11日に開幕、8月26日に決勝戦が行われ、アメリカが金メダルを獲得した。, 試合はオリンピックスタジアムの他、アテネ、パトラス、ボロス、テッサロニキ、イラクリオンの合計5都市、6会場で開催された。, 男子で金メダルを獲得したアルゼンチンは、直前のコパ・アメリカ2004で準優勝したメンバーを中心に臨んだことから、大会前から優勝の最右翼といわれるほど前評判が高く、得点王となったカルロス・テベスを中心に、ハビエル・マスチェラーノ、ルイス・ゴンサレスらの若い才能と、ロベルト・アジャラ、ガブリエル・エインセ、キリ・ゴンザレスの3人のオーバーエイジが組み合わされたチームは、グループリーグから圧倒的なパフォーマンスを見せてトーナメントを席巻し、国際大会で史上初となる全試合無失点での優勝となった。また、男子で銀メダルを獲得したパラグアイは全競技通じて同国初のメダル獲得となった。, この大会で最もセンセーションを巻き起こしたのは男子のイラク代表である。本大会は2003年のイラク戦争の直後で、アジアサッカー連盟による1次予選は2003年春に終わっていたものの、その後重症急性呼吸器症候群(SARS)やイラク戦争による中東地域の情勢不安などにより、最終予選は2004年春まで延期されていた。イラクの選手は、戦時下のイラク国内に残る者や周辺諸国でプレーする者でバラバラになり、イラク国内のスタジアムはイラク進駐軍に接収される等、国内で練習できる環境は皆無であった。そのような中でイラク代表がアジア予選を勝ち上がった。直前のアジアカップ2004に五輪代表と同じチームで臨みベスト8に進出してその実力を示していた彼らは、コスタリカ・モロッコ・ポルトガルのグループリーグを1位で突破すると、準々決勝でオーストラリアを破って初の準決勝に進出。イラク国内でもメダルへの期待が高まったが、準決勝でパラグアイに、3位決定戦でイタリアに敗れてメダル獲得とはならなかった。しかし、イラク戦争直後の大会でイラク代表が4位に入ったことは、注目を集めるのには十分な出来事であった。なお、3位決定戦の直前にはイラク国内でイタリア人が殺害されるという事件が起こったが、試合後にはイタリアとイラク双方の選手が一枚の写真に収まり、平和へのメッセージを書いた横断幕を掲げてアピールを行った。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2004年アテネオリンピックのサッカー競技&oldid=70770052. 得点 12分 那須大亮 41分 大久保嘉人 47分 大久保嘉人. スターティングメンバー 代表監督は、山本昌邦. アテネの次のサッカー五輪代表のメンバーを考えよう!(現状で)俺的には高萩がブレークしそう。大物になる アテネの次のサッカー五輪代表のメンバーを考えよう!(現状で)俺的には高萩がブレークしそう。大物になるよこいつは。 あなたは高萩くん本人ですね 展望:U21欧州選手権において最も輝かしい歴史を持つのがイタリアだが、最後の優勝からは15年が経過している。また、今回はホスト国としての参加といったこともあり、この夏にルイジ・ディ・ビアッジョと若きチームにのしかかる勝利へのプレッシャーは相当のものだ。, グループもアッズリーニ(U-21イタリア代表の愛称)にとって優しいものではなく、開幕戦ではいきなり4度の優勝を誇るスペインとぶつかる。何を隠そうイタリアは、2年前のポーランド大会では準決勝でスペインに敗れてトーナメントから姿を消している。, しかし、今大会ディ・ビアッジョは多くのハイクオリティな選手を自由に起用することができる。メンバーには、ロベルト・マンチーニ率いるアッズーリ(イタリアA代表の愛称)が現在臨んでいる、EURO2020予選のメンバーにも招集されたモイゼ・ケーン、ニコロ・ザニオーロ、ニコロ・バレッラ、フェデリコ・キエーザなどといった選手が名を連ねているのだ。そうした顔ぶれから、彼らがU-21イタリア代表史上最強のチームであるとの呼び声も高い。, GK:エミル・アウデロ(サンプドリア)、アレックス・メレト(ナポリ)、ロレンツォ・モンティポ(ベネヴェント), DF:クラウド・アジャポン(サッスオーロ)、アレッサンドロ・バストーニ(パルマ)、ケヴィン・ボニファーツィ(SPAL)、アルトゥーロ・カラブレージ(ボローニャ)、フェデリコ・ディマルコ(パルマ)、ジャンルカ・マンチーニ(アタランタ)、ジュゼッペ・ペッツェッラ(ジェノア)、フィリッポ・ロマーニャ(カリアリ), MF:ニコロ・バレッラ(カリアリ)、マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)、ロランド・マンドラゴラ(ウディネーゼ)、アレッサンドロ・ムルジャ(SPAL)、ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)、サンドロ・トナーリ(ブレシア)、ニコロ・ザニオーロ(ローマ), FW:フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)、パトリック・クトローネ(ミラン)、モイゼ・ケーン(ユヴェントス)、リッカルド・オルソリーニ(ボローニャ)、アンドレア・ピナモンティ(フロジノーネ), 展望:スペインは予選ラウンド10試合のうち9試合で勝利し、圧倒的な強さを見せつけてきた。そこで挙げた31ゴールのうち8ゴールがボルハ・マジョラル、5ゴールがラファ・ミアのものであり、合計13ものゴールをたった2人でもぎ取った。, さらにはレアル・マドリーのブラヒム・ディアスも招集されており、ラ・ロヒータ(U-21スペイン代表の愛称)の攻撃陣に華を添える。しかし、スペインの魅力はフォワードだけではない。こちらもレアル・マドリー所属のダニ・セバージョスは、守備的MFとして異彩を放っており、2017年のポーランド大会ではMVPに輝いている。さらに他の中盤には、イニエスタを彷彿とさせるプレースタイルのカルレス・アレニャや、ナポリの至宝ファビアン・ルイス、バレンシアのスピード狂カルロス・ソレールが名を連ねており、対戦相手は常に脅威にさらされるだろう。, 一方、ディフェンス陣はレアル・マドリーのセンターバック、ヘスス・バジェホによって統率される。彼は昨シーズンにマルセロからスタメンを奪ったセルヒオ・レギロンと共に、レアル・マドリーのバックラインの将来を担う逸材だ。, GK:ダニ・マルティン(ヒホン)、アントニオ・シベラ(アラベス)、ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ), DF:ヘスス・バジェホ(レアル・マドリー)、アーロン・マルティン(マインツ)、ホルヘ・メレ(ケルン)、マルティン・アギレガビリア(アラベス)、ジュニオル・フィルポ(ベティス)、ウナイ・ヌニェス(アスレティック・ビルバオ)、ペドロ・ポロ(ジローナ), MF:イゴール・スベルディア(レアル・ソシエダ)、パブロ・フォルナルス(ビジャレアル)、アルフォンソ・ペドラサ(ビジャレアル)、カルレス・アレニャ(バルセロナ)、ミケル・メリーノ(レアル・ソシエダ)、ファビアン・ルイス(ナポリ)、ダニ・セバージョス(レアル・マドリー)、カルロス・ソレール(バレンシア)、マルク・ロカ(エスパニョール), FW:ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)、ラファ・ミア(ラス・パルマス)、マヌ・バジェホ(カディス)、ブラヒム・ディアス(レアル・マドリー)、ボルハ・マジョラル(レバンテ)、ダニ・オルモ(ザグレブ), 展望:ホームのアドバンテージがありながら、ポーランドは自国開催だった2017年の欧州選手権ではノックアウトステージに進出することができなかった。そして今大会、イタリア、スペイン、ベルギーと同グループに入ってしまった彼らは、またしてもグループステージ敗退が濃厚といえるだろう。, しかし、ポーランドがサプライズを起こすことも十分に考えられる。実際、本戦出場をかけたプレーオフでポルトガルを下すと予想していた者はほとんどいなかった。ましてや彼らはホームでのファーストレグを0-1で落としており、絶望的な状況に立たされていたのだ。, だが、チェスワフ・ミヒェニェヴィチ率いるチームは、ポルトガルのチャベスに乗り込んだセカンドレグで開始24分までに3ゴールを叩き込み、終わってみれば3-1でポルトガルを下したのだ。その夜の主役は、予選通算11ゴール目を挙げたダヴィド・コフナツキだった。現在サンプドリアからデュッセルドルフにレンタル移籍中のこのストライカーが、イタリアの地でサプライズを起こすためのキープレーヤーとなるだろう。, GK:マテウシュ・リズ(クラクフ)、カミル・グラバラ(オーフス)、トマシュ・ロスカ(ザブジェ), DF:クリスティアン・ビエリク(チャールトン)、パヴェウ・ボフニェヴィチ(ザブジェ)、カロル・フィラ(グダニスク)、ロベルト・ガミー(ポズナン)、ドミニク・ジョンシー(ビェルスコ=ビャワ)、カミル・ペスチカ(グウォグフ)、マテウザ・ビエテスカ(ワルシャワ), MF:パトリック・ジチェク(グリビツェ)、フィリップ・ヤギェウォ(ルビン)、カミル・ヨズヴィアク(ポズナン)、コンラッド・ミハラク(グダニスク)、ヤクブ・ピョトロフスキ(ヘンク)、プシェミスワフ・プワヘタ(ビェルスコ=ビャワ)、セバスティアン・シマンスキ(ワルシャワ)、マテウス・ウィドウィエク(クラクフ)、シモン・ジュルコフスキ(ザブジェ), FW:アダム・ブクサ(シュチェチン)、ダヴィド・コフナツキ(デュッセルドルフ)、カロル・シフィデルスキ(PAOK)、パヴェウ・トムチク(ピアスト・グリヴィツェ), 展望:過去最高に並ぶ準決勝進出を目指すベルギーだが、ランドリー・ディマタがケガによってチームから離脱したことで、その夢は遠ざかってしまったようだ。, レンタル移籍でヴォルフスブルクからアンデルレヒトへと渡り、昨シーズンを過ごしたこの21歳のストライカーは、予選で7ゴールを挙げてチームのトップスコアラーとして活躍を見せていた。そのうち2ゴールはスウェーデンを3-0で下した際のものであり、この勝利によりベルギーは予選通過を決定的なものとした。, ディマタの欠場が決まったことで、ヨハン・ワレム監督はクラブ・ブルッヘのFWシーベ・スフライフェルスと、ワトフォードからデュッセルドルフにレンタル移籍し、素晴らしいシーズンを過ごしたドディ・ルケバキオに得点源としての活躍を期待している。ベルギーは、前回出場した2007年大会のベスト4という結果へのトライを今大会でも試みている。, GK:オルトウィン・デ・ヴォルフ(ロケレン)、ノルディン・ジャッカーズ(ヘンク)、イェンス・トーンケルス(アントワープ), DF:セバスティアン・ボルナウ(アンデルレヒト)、ロッキー・ブシリ(オイペン)、エリアス・コボー(アンデルレヒト)、ディオン・コールズ(クラブ・ブルッヘ)、キャスパー・デ・ノレ(ヘンク)、ウート・フェイ(オーステンデ)、アレクシス・サレマーカーズ(アンデルレヒト)、ユル・シュリヴェルス(ベフェレン), MF:サミュエル・バスティエン(スタンダール・リエージュ)、アレクシス・デ・サルト(シント=トロイデン)、ブライアン・ヘイネン(ヘンク)、オレル・マンガラ(ハンブルガーSV)、ステファン・オメオンガ(ハイバーニアン)、シーベ・スフライフェルス(クラブ・ブルッヘ)、ジョルディ・バンレルベルゲ(オーステンデ)、ヤリ・ヴェルスハーレン(アンデルレヒト), FW:フランシス・アムズ(アンデルレヒト)、アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)、ドディ・ルケバキオ(デュッセルドルフ)、イサーク・ムベンザ(ハダースフィールド), 展望:前回大会のチャンピオンとして臨む今大会、ドイツは再び優勝候補の筆頭として数えられている。それもそのはず、シュテファン・クンツは、再び各国のA代表監督さえもうらやむようなメンバーを招集することに成功したのだ。, 2年前のポーランド大会で優勝に貢献したナディエム・アミリ、マフムド・ダフード、レヴィン・エズトゥナリ、ルーカス・クリュンター、ヴァルデマール・アントンらは皆、このレベルで勝つために必要なことを知っている。また、マキシミリアン・エッゲシュタインはスターとしての頭角を現しており、アレクサンダー・ニューベルは、大会No.1ゴールキーパーとの呼び声が高い。, さらに、クンツのチームのバックラインは、ヨナタン・ターとルーカス・クロスターマンといった強固なデュオによって支えられる。彼らは、ヨアヒム・レーヴ率いるA代表が、EURO2020予選でベラルーシとエストニアと戦った際のメンバーにも選出されている。, GK:フロリアン・ミュラー(マインツ)、アレクサンダー・ニューベル(シャルケ)、マーカス・シューベルト(ディナモ・ドレスデン), DF:ヴァルデマール・アントン(ハノーファー)、ティモ・バウムガルトル(シュトゥットガルト)、ベンヤミン・ヘンリヒス(モナコ)、ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)、ルーカス・クリュンター(ヘルタ・ベルリン)、マクシミリアン・ミッテルシュテット(ヘルタ・ベルリン)、ジョーダン・トルナリガ(ヘルタ・ベルリン)、ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)、フェリックス・ウドゥオカイ(ヴォルフスブルク), MF:ナディエム・アミリ(ホッフェンハイム)、マフムド・ダフード(ドルトムント)、マキシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)、ロビン・コッホ(フライブルク)、エドゥアルト・レーヴェン(ニュルンベルク)、アルネ・マイアー(ヘルタ・ベルリン)、フロリアン・ノイハウス(ボルシアMG)、レヴィン・エズトゥナリ(マインツ)、マルコ・リヒター(アウクスブルク)、スアト・セルダル(シャルケ), FW:ヨハネス・エッゲシュタイン(ブレーメン)、ルーカス・ヌメチャ(マンチェスター・C)、ヤンニ・セッラ(ホルシュタイン・キール)、セドリック・トイヒャート(シャルケ)、ルカ・ヴァルトシュミット(フライブルク), 展望:デンマークは、予選グループ3でポーランドを勝ち点差わずか1でかわして首位となり、3大会連続となる本戦出場を果たした。予選で彼らが負けたのは、ポーランドのグディニャに乗り込んだアウェーの1試合のみだ。, 初戦の相手はディフェンディング・チャンピオンのドイツであり、ニールス・フレデリクセン率いるチームはいきなり正念場を迎える。しかし彼らは、ベスト4まで進出した2015年大会の再現ができると信じてやまない。, サンプドリア所属のヨアヒム・アンデルセンは、今やヨーロッパで最も優秀な若手ディフェンダーの1人に数えられており、アーセナルやACミランをはじめとした多くのビッグクラブが興味を示す存在だ。そして、ハダースフィールドでプレミアリーグにインパクトを与えたMF、フィリップ・ビリングもまた、新監督のジャン・ジーヴェルトとの関係が悪化する前に、この夏に移籍を果たす見込みだ。, アタッカー陣にも注目だ。ロバート・スコブはA代表にも選出された、得点能力の高いウインガーだ。また、ミッケル・ドゥエルンとマルクス・イングバルトセンはゴールのみならず、アシストでも魅せるプレーを披露してくれる。(※アンデルセンは負傷でメンバーから漏れる), GK:ダニエル・イヴェルセン(オールダム)、オスカー・スノア・オールセン・フリガスト(リンビー)、ピーター・イェンセン(ノアシェラン), DF:アンドレアス・ポウルセン(メンヒェングラートバッハ)、アスガー・ストロムガード・ソーレンセン(レーゲンスブルク)、ヤコブ・ラスムッセン(エンポリ)、※ヨアヒム・アンデルセン(サンプドリア)、ヨアキム・メーレ(ヘンク)、マッズ・ペデルセン(ノアシェラン)、ラスムス・ニッセン・クリステンセン(アヤックス)、ビクトル・ネルソン(ノアシェラン), MF:イェンス・ステージ(オーフス)、マンガス・コフォード・アンデルセン(ノアシェラン)、マティアス・イェンセン(セルタ・デ・ビーゴ)、オリバー・アビルゴール・ニールセン(オールボー)、フィリップ・ビリング(ハダースフィールド), FW:ヤコブ・ブルーン・ラーセン(ボルシア・ドルトムント)、アンダース・ドレイヤー(セント・ミレン)、アンドレアス・スコウ・オルセン(ノアシェラン)、ヨナス・オルダー・ウィンド(コペンハーゲン)、マルクス・イングバルトセン(ヘンク)、ミッケル・ドゥエルン(ディナモ・キエフ)、ロバート・スコブ(コペンハーゲン), 展望:何と言っても今大会のセルビアで注目すべき選手は、アイントラハト・フランクフルトから6000万ユーロ(約73億円)もの莫大な移籍金でレアル・マドリーに加入したルカ・ヨヴィッチだ。, このストライカーは、予選ではチームが挙げた21ゴールのうち11ゴールに関与しており、そのうちの7ゴールは彼自身によるものだ。ヨヴィッチの活躍により、セルビアは予選グループ7を無敗で切り抜け、2位のオーストリアには勝ち点4の差をつけた。, しかし、本戦で再び激突することとなったオーストリアは、セルビアがヨヴィッチだけのチームではないことをどの国よりも理解しているはずだ。フィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチ、マルセイユのネマニャ・ラドニッチ、ベンフィカのアンドリヤ・ジヴコヴィッチといった選手たちが、今大会で輝きを放つことは間違いないだろう。, GK:ボリス・ラドゥノヴィッチ(クレモネーゼ)、ドラガン・ロシッチ(ムラドスト・ルチャニ)、ミロシュ・オストイッチ(スボティツァ), DF:ミラン・ガイッチ(レッドスター)、ヴカシン・ヨヴァノヴィッチ(ボルドー)、エルハン・マショビッチ(トレンチーン)、ミロスラヴ・ボゴサヴァツ(チュカリチュキ)、ニコラ・ミレンコビッチ(フィオレンティーナ)、スルジャン・バビッチ(レッドスター)、アレクサ・テルジッチ(グラフィカル・ベオグラード)、スヴェトザル・マルコビッチ(パルチザン), MF:サシャ・ルキッチ(トリノ)、アンドリヤ・ジヴコヴィッチ(ベンフィカ)、ダニロ・パンティッチ(パルチザン)、ウロシュ・ラシッチ(テネリフェ)、ネマニャ・ラドニッチ(マルセイユ)、ルカ・アジッチ(アンデルレヒト)、アレクサンダー・ルトワッチ(ラド)、ラザール・ランジェロビッチ(ラドニチュキ・ニシュ), FW:ルカ・ヨヴィッチ(レアル・マドリー)、イヴァン・シャポニッチ(ベンフィカ)、イゴール・ズラタノヴィッチ(ラドニク・スルドゥリツァ)、デヤン・ヨヴェリッチ(レッドスター), 展望:オーストリアは2017年大会のプレーオフで、アウェーゴールの差でスペインに屈して本大会出場を逃し、涙を飲んだ。しかし、今回もプレーオフに臨んだ彼らは、ホームとアウェーのいずれにおいても1-0でギリシャを下してU-21欧州選手権初出場の切符を手にした。, ドイツ、セルビア、デンマークと同グループとなったワーナー・グレゴリッチュ率いるチームは、グループステージ突破に向けてハードワークが必要となるだろう。特に、予選で4ゴール6アシストの活躍を見せたアルネル・ヤクポヴィッチの離脱は、オーストリアにとって大きなマイナスとなってしまった。, その結果として、予選で6度ネットを揺らした強力な左ウインガー、マティアス・ホンザクに頼らなければならない場面は増えるだろう。しかし、先日のフレンドリーマッチでフランスに勝利をあげた際には、ハンネス・ヴォルフやフセイン・バリッチといった選手の活躍も目立っており、自信をつけた彼らはそう簡単に崩れるようなチームではないといえよう。, GK:ヨハネス・クライドル(SVリート)、パトリック・ペンツ(アウストリア・ウィーン)、アレクサンダー・ブロック(リンツ), DF:アレクサンダー・ボルコヴィッチ(アウストリア・ウィーン)、ケビン・ダンソ(アウクスブルク)、マルコ・フリードル(ブレーメン)、ペーター・グルハコビッチ(アウストリア・ウィーン)、ザンドロ・インゴリッチ(ザンクト・ペルテン)、エミル・カリッチ(アルタッハ)、フィリップ・ラインハート(フライブルク)、ダリオ・マレシッチ(シュトゥルム・グラーツ)、シュテファン・ポッシュ(ホッフェンハイム)、マクシミリアン・ウルマン(リンツ), MF:フセイン・バリッチ(ザンクト・ペルテン)、クリストフ・バウムガルトナー(ホッフェンハイム)、マティアス・ホンザク(キール)、サシャ・ホルヴァート(インスブルック)、ミヒャエル・ヨーン・リマ(シュトゥルム・グラーツ)、イバン・リュビチ(シュトゥルム・グラーツ)、デヤン・リュビチッチ(SKラピード)、サンディ・ロフリッチ(シュトゥルム・グラーツ)、ザヴェル・シュラーガー(ザルツブルク)、ハンネス・ヴォルフ(ザルツブルク), FW:アドリアン・ガルビッチ(アルタッハ)、サーシャ・カライジッチ(アドミラ・ヴァッカー)、マルコ・クバシナ(マッタースブルク)、パトリック・シュミット(アドミラ・ヴァッカー), 展望:直近のU-17、U-20のワールドカップを制したイングランドは、間違いなくユースレベルでは黄金時代を迎えていると言っていいだろう。しかし、U-21欧州選手権に関しては、最後に栄冠を勝ち取ってから35年もの歳月が経過しており、今大会でイングランドが優勝への渇望を満たすことができるかが注目される。, イングランドは、トーナメントを制するのに十分な戦力を揃えてイタリアに乗り込んできた。2018-19のプレミアリーグで鮮烈な印象を残したプレーヤーの一人である、右サイドバックのアーロン・ワン=ビサカはマンチェスター・ユナイテッドが獲得に全力をあげており、現在クリスタル・パレスと交渉中だ。また、“ストックポートのイニエスタ”とも称されるフィル・フォーデンは、マンチェスター・シティの優勝に貢献する活躍を見せ、ジェームズ・マディソンはレスターで素晴らしいプレミアデビューを飾った。さらに、アーセナルからホッフェンハイムにレンタル移籍中のリース・ネルソンも、新天地で輝きを放っている。, “ヤング・ライオンズ”の初戦の相手はフランスであり、この結果が彼らの運命を大きく左右するかもしれない。しかし、わずか4失点しか与えなかった予選を無敗で切り抜けた、アイディ・ブースロイド率いるチームの士気は相当に高まっており、彼らは初戦のみならず、大会全体を通して高い集中力で臨んでくるはずだ。, GK:アンガス・ガン(サウサンプトン)、ディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・ユナイテッド)、フレディ・ウッドマン(ニューカッスル), DF:ジェイク・クラーク=ソルター(フィテッセ)、ジェイ・ダシルバ(ブリストル・シティ)、ロイド・ケリー(ボーンマス)、ジョンジョー・ケニー(エヴァートン)、エズリ・コンサ(ブレントフォード)、フィカヨ・トモリ(ダービー・カウンティ)、アーロン・ワン=ビサカ(クリスタル・パレス), MF:ハーヴェイ・バーンズ(レスター)、ハムザ・チョードゥリー(レスター)、キーラン・ダウエル(シェフィールド・ユナイテッド)、フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、モーガン・ギブス=ホワイト(ウルブス)、ジェームズ・マディソン(レスター)、メイソン・マウント(ダービー・カウンティ)、ライアン・セセニョン(フラム), FW:タミー・アブラハム(アストン・ヴィラ)、ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エヴァートン)、デマレイ・グレイ(レスター)、リース・ネルソン(ホッフェンハイム)、ドミニク・ソランケ(ボーンマス), 展望:2006年にベスト4に到達して以来、欧州選手権本大会から遠ざかっていたフランスだが、今大会の予選は嵐のような勢いで駆け抜けた。なんと彼らは最大30の勝ち点のうち、28を獲得してイタリアへのチケットをもぎ取ったのだ。, 予選で7ゴールを挙げたリヨン所属のFW、マルタン・テリアが中心選手として活躍していたため、彼が負傷のため招集外となったことはシルヴァン・リポル監督にとって大きな痛手となった。しかし、彼のリヨンでのチームメイトでもあり、マンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているムサ・デンベレが、ジョナサン・バンバ、ジョナサン・イコネらとともに迫力を持った攻撃でゴールを狙ってくるだろう。, また、昨シーズンにアーセナルで驚くべき活躍を見せた、マテオ・ゲンドゥージが中盤を安定させる一方で、バックラインには、フランスで最も将来が有望視されているプレーヤーの1人であるマラング・サールが待ち構えている。, GK:ポール・ベルナルドーニ(ニーム)、ゴーティエ・ラルソネーウル(ブレスト)、 マクサンス・プレヴォ(ソショー), DF:ケビン・アミアン(トゥールーズ)、フォデ・バロ・トゥーレ(モナコ)、アントニー・カチ(ストラスブール)、 コラン・ダグバ(パリ・サンジェルマン)、イブラヒマ・コナテ(ライプツィヒ)、ムサ・ニアカテ(マインツ)、マラング・サール(ニース)、ダヨ・ウパメカノ(ライプツィヒ), MF:フセム・アワール(リヨン)、ロマン・デル・カスティージョ(レンヌ)、マテオ・ゲンドゥージ(アーセナル)、オリヴィエ・エンチャム(セルティック)、ジェフ・レーヌ=アデレード(アンジェ)、イブラヒマ・シソコ(ストラスブール)、リュカ・トゥサール(リヨン), FW:ジョナサン・バンバ(リール)、ムサ・デンベレ(リヨン)、ジョナサン・イコネ(リール)、ジャン=フィリップ・マテタ(マインツ)、マルクス・テュラム(ギャンガン), 展望:ルーマニアにとって2度目となる出場だが、初出場を果たした1988年大会ではベスト8まで駒を進めている。対戦相手のクオリティを考えれば、今大会にノックアウトステージまで進出するのは非常に難しいといえるだろう。しかし、ミレル・ラドイ率いるチームは、予選グループ8でポルトガルを抑えて首位通過を果たした。特に、敵地ポルトガルに乗り込んだパーソス・デ・フェレイラでの2-1の勝利は、彼らの強さが本物であることを証明している。, 実績が十分とはいえないルーマニアだが、パレルモのFWゲオルゲ・プスカシュは予選で7ゴールを挙げており、ルーマニアサッカー界のレジェンド、ゲオルゲ・ハジを父に持つヤニス・ハジは、フィオレンティーナでは満足のいくプレーこそできなかったものの、そのポテンシャルは相当のものだ。, また、注目すべきは彼らの守備力だ。ルーマニアが予選で許したゴールはわずか4であり、ジェノアでプレーするゴールキーパー、ヨヌーツ・ラドゥは、大会No.1ゴールキーパーとして認められる実力を十分に持ち合わせている。, GK:アンドレイ・ヨヌーツ・ラドゥ(ジェノア)、アンドレイ・ヴラド(FCSB)、カタリン・カブズ(ヘルマンシュタット), DF:ヨヌーツ・ネデルセアル(ウファ)、クリスティアン・マネア(クルジュ)、アレックス・パスカニュ(レスター)、フローリン・シュテファン(シェプシ・スフントゥ・ゲオルゲ)、ラドゥ・ボボク(ヴィトルル・コンスタンツァ)、アドリアン・ルス(シェプシ・スフントゥ・ゲオルゲ)、ヴィルジル・ギタ(ヴィトルル・コンスタンツァ), MF:ドラゴシュ・ネデルク(FCSB)、ヤニス・ハジ(ヴィトルル・コンスタンツァ)、フロリネル・コマン(FCSB)、アレグザンドゥル・チカルダウ(クライオヴァ)、デニス・マン(FCSB)、アンドレイ・チョバヌ(ヴィトルル・コンスタンツァ)、デニス・ドラグシュ(ヴィトルル・コンスタンツァ)、ヴラッド・ドラゴミル(ペルージャ)、ダリウス・オラル(ガズ・メタン・メディアシュ)、トゥドール・バルツァ(ヴィトルル・コンスタンツァ), FW:ゲオルゲ・プスカシュ(パレルモ)、アンドレイ・イバン(ラピード・ウィーン)、エイドリアン・ペートレ(エスビャウ), 展望:2004年大会の出場を最後に、プレーオフで3度も破れるなど本大会と縁がなかったクロアチアだが、今大会では予選グループ1で2位のギリシャを得失点差で上回り、首位の座を守って本大会への切符を手にした。, 予選で7ゴールを挙げたヴォルフスブルクのウインガー、ヨシプ・ブレカロは、ギリシャ相手にホームとアウェーの両方でネットを揺らす活躍をみせた。また、かつてバルセロナでもプレーしたキャプテンのアレン・ハリロヴィッチは、予選で2ゴール4アシストと強い存在感を放った。, 他にもセルティックのディフェンダー、フィリップ・ベンコビッチや、CSKAモスクワのミッドフィルダー、ニコラ・ヴラシッチといった選手が、チームにおける中心的な役割を果たしている。直近のフレンドリーマッチでは、フランスとイタリアの両国と引き分けており、クロアチアはダークホースとして大会を盛り上げる資質を十分に備えたチームといえるだろう。, GK:イヴォ・グルヴィッチ(ロコモティヴァ・ザグレブ)、 ヨシプ・ポサベツ(ハイドゥク・スプリト)、アドリアン・シェンペル(キエーボ), DF:フィリプ・ベンコヴィッチ(セルティック)、トニ・ボレブコヴィッチ(リオ・アベ)、ドマゴイ・ブラダリッチ(ハイドゥク・スプリト)、マリヤン・カブラヤ(ゴリツァ)、ブラニミール・カライツァ(ベンフィカ)、ニコラ・カティッチ(レンジャーズ)、ボルナ・ソサ(シュツットガルト)、フィリプ・ウレモヴィッチ(ルビン・カザン), MF:トマ・バシッチ(ボルドー)、クリスティヤン・ビストロヴィッチ(CSKAモスクワ)、ルカ・イヴァンシッツ(ロコモティヴァ・ザグレブ)、ロヴロ・マイェル(ディナモ)、ニコラ・モロ(ディナモ)、イバン・シュニッチ(ディナモ)、ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ), FW:ヨシプ・ブレカロ(ヴォルフスブルク)、アレン・ハリロヴィッチ(スタンダール・リエージュ)、マリン・ヤコリシュ(アドミラ・ヴァッカー)、サンドロ・クレノヴィッチ(レギア・ワルシャワ)、ロベルト・ムリッチ(リエカ), Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved. 2004年アテネオリンピックでのバレーボールの日本代表選手団を一覧で紹介します。日本オリンピック委員会(joc)公式サイト 2004年アテネオリンピックのサッカー競技は、2004年に開催されたアテネオリンピックのサッカー競技。男子競技が、8月11日に開幕、8月28日に決勝戦が行われアルゼンチンが金メダルを獲得した。女子競技は8月11日に開幕、8月26日に決勝戦が行われ、アメリカが金メダルを獲得した。 アテネオリンピックに挑む日本代表メンバーが発表となった。 23歳以上のメンバーからはGK曽ヶ端と小野が選ばれ、23歳以下からは16人という狭き門となった。 1996年 アトランタ五輪 本戦; 2000年 シドニー五輪 本戦; 2004年 アテネ五輪 本戦; 2008年 北京五輪 本戦; トップページへ. 日本サッカー協会は16日、第28回オリンピック競技大会―アテネ2004および「kirin world challenge キリンチャレンジカップ 2004」(25日オーストラリア五輪代表戦、30日ベネズエラA代表戦)に参加するU-23サッカー日本代表18名と、バックアップメンバー4名を発表した。 オリンピックのサッカー競技・日本代表選手(オリンピックのサッカーきょうぎ・にっぽんだいひょうせんしゅ)は、オリンピックの日本代表選手。なお、現在は大会のルールにより、男子は23歳以下という年齢制限があるが、男子各チームについては三人までであればオーバーエイジ(OverAge)選手も参加できる。 2004年8月オリンピック発祥の地・アテネで行われた第28回オリンピック競技会でメダルを獲得した日本代表選手と入賞された日本代表選手をご紹介させていただいています。 今回のオリンピック振り返りは2008北京五輪、2004年アテネ五輪です。サッカー日本代表の成績、主なメンバー、落選メンバー、当時のエピソードなどについてご紹介していきます。 歴代日本代表メンバー. nikkansports.com > ATHENS2004 > サッカー > 男子代表メンバー . ・大会は国際サッカー連盟(FIFA)の管轄の下実施されます。 ・参加資格は、23歳以下(1997年1月1日以降に生まれた選手。本大会の年に23歳になる、あるいはそれ以下の年齢の選手)の選手で構成されます。 ・各チーム3名を上限にこの年齢制限を超える選手(オーバーエイジ)も登録できます。 ・事前に暫定登録として選手50人を登録します。その後その中から18名の選手(うち最低2名はゴールキーパー)を登録しなければなりません。これに加えて最大4名の予備選手を登録することもできます。 ・ … U-21欧州選手権が16日に開幕する。『Goal』では、東京オリンピックに出場する可能性もある12チームの注目ポイントを紹介。 サッカー男子日本代表は2004年アテネ五輪で3大会連続のオリンピック出場。メダル獲得をめざしたが、初戦、2戦目ともに開始早々に失点するなど経験不足を露呈し、早期敗退を喫した。日本に勝利したパラグアイとイタリアはそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得。 Goal.com上の情報は本サイトの許可なしに発信、発行、放送、転用はできません, U-21欧州選手権が16日に開幕する。『Goal』では、東京オリンピックに出場する可能性もある12チームの注目ポイントを紹介。. サッカーTOP : 男子代表メンバー: 男子日程&結果: 女子代表メンバー: 女子日程&結果 男子代表メンバー : 曽ケ端 準 (24=鹿島) [ GK ] 02年W杯代表。茨城・鹿島高出、鹿島。187センチ、80キロ。24歳。茨城県出身。 黒河 貴矢 (23=清水) … 04年アテネ五輪メンバー 08年女子アジア杯ベトナム大会メンバー(3位) 11年女子w杯ドイツ大会メンバー 12年ロンドン五輪メンバー 丸山桂里奈 最新情報 画像:JFA.jp. 2004年アテネ五輪に選出された日本代表メンバーは以下の通り。 ※五輪のサッカー競技の出場資格は23歳以下、OAはオーバーエイジの略(3人まで可 … 2004年アテネ五輪. 目次; 目次.

自転車 赤切符 渡 され なかった, ヨドバシカメラ 駐 車場 料金, 薔薇のない 花屋 最終回 動画, クレジットカード G12 解除, ベルク 西大和店 チラシ, Daigo Dラボ 料金,