小さな島国ながら、気候や文化の多様な日本。47都道府県それぞれに個性があります。今回は、ご当地グルメなどの食習慣から恋愛事情まで、ちょっと面白いケンミンショー的なランキングを特集。では日本一アイスクリーム好きな県は?実は食べない県はどこ? 秋田県. 日本125.8㎏ フィンランド566.3㎏ なんと国によっては5倍近くも差があるのです。 北欧の国は牛乳をたくさん消費しているのですね。 しかしその中でも牛乳の消費量の1番多いノルウェーはなんと日本の5倍骨折率が高いというデータもあります。 1位 さやまめ消費量; 1位 日本酒消費量; 1位 明治21年(1888年)人口; 1位 中学男子卓球部員数; 1位 専修学校進学率:女子; 1位 専修学校進学率; 1位 すいか消費量; 47位 戦後海外移住者数; 47位 甲子園1990年代勝利数; 47位 肝がん死亡率:女性; 47位 ほうれんそう生産量 (※3)総務省統計局「家計調査」から各都道府県の1人当たりの支出金額を算定し、総務省統計局「小売物価統計調査」を利用し、各都道府県の物価を反映させ、消費量を算定しています。 うなぎのかば焼きはメディアなどによって近年になって注目されるようになった都市型の食べ物と言えそうだ。, 貧困率が低く年収が高い世帯が多いところでサラダの消費量が多い。1円あたりのカロリーが低いサラダはお金に余裕がないと買えない食べ物と言えそうだ。, スーパーなどで焼鳥を買って家で食べる消費量は典型的な東高西低型。九州各県が上位を独占している焼鳥店舗数と正反対の結果に。, 本州中央部で消費量が多く、両端に近づくほど消費量が少ない同心円状分布になっている。, コロッケの消費量が多いところはつくだ煮や油揚げ・がんもどき、せんべいの消費量が多い, 首都圏で消費量が多い。消費量が少ない九州のなかで、いかしゅうまいの佐賀だけが突出して多い。, バターの消費量が多いところはパンやジャム、牛乳消費量も多く、パン食が盛んな都会でバターの消費量も多い。, 雪が多く寒いところで炭酸飲料の消費量が多い。炭酸飲料の消費量が多いところは緑茶の消費量が少ない。, 雪が多いところで食塩の消費量が多く、食塩の消費量が多いところは脳梗塞の死亡者が多い。, 地方でカレールウの消費量が多い。カレイ(魚)の消費量が多いところでカレールウの消費量も多い, 浄土真宗と関係があると言われており、寺院が多いところで油揚げ・がんもどき消費量が多い, 都道府県別桃消費量 全国平均2,010g 1位福島15,716g 2位岡山9,303g 3位山梨5,319g 4位長野5,032g 5位和歌山3,628g…46位佐賀891g 47位沖縄476g 福島県の消費量が飛び抜けて多い http://todo-ran.com/t/kiji/15742, 都道府県別ぶどう消費量 全国平均2551g 1位山梨7537g 2位岡山5396g 3位山形4094g 4位新潟3363g 5位岩手3185g…6位大阪1936g 47位沖縄994g ぶどう産地でぶどうの消費量が多い http://todo-ran.com/t/kiji/15726, 都道府県別グレープフルーツ消費量 全国平均2587g 1位新潟5329g 2位埼玉4748g 3位栃木4525g 4位群馬4489g 5位茨城4421g…46位熊本682g 47位高知627g 東日本で消費量が多く、西日本で少ない http://todo-ran.com/t/kiji/15697, 都道府県別柿消費量 全国平均2916g 1位岐阜7373g 2位鳥取5051g 3位奈良4816g 4位島根4068g 5位岩手3978g 6位栃木3652g…46位沖縄1428g 47位群馬1186g 岐阜県が飛び抜けて多い http://todo-ran.com/t/kiji/15692, 都道府県別メロン消費量 全国平均4,461g 1位茨城12,519g 2位北海道12,149g 3位秋田10,762g 4位青森6,838g…46位和歌山2,124g 47位沖縄1,146g メロン生産量上位の県で消費量が多い http://todo-ran.com/t/kiji/15602. – – – – – – – – – – – – –. 3.06袋. 日本人の砂糖の摂取量は戦前には1人が一年間に5キロ程度でしたが、その後どんどん増え続けピーク時にはなんと年間25キロにまで達しました。 現在はその頃よりも落ち着いていますが、それでも年間で平均18キロ、一日あたり50グラム摂取しています。 砂糖は1グラム当たり約4キロカロリーなので、一日摂取カロリーを1800キロカロリーと仮定すると、厚生労働省やWHOの推奨値である摂取カロリーの10%以下 … 令和元年(2019年)に、都道府県民1人が、1年間にどれだけの砂糖を消費しているのかを掲載しています(袋入り(1kg入り)(上白)で換算)。 その流れか、現在でも砂糖の消費量は多いですね。 第1位 長野市 7067g. 2.82袋. 砂糖キビはもともと南太平洋の島々のあたりで自生しており、そこから各地に広がっていったようです。砂糖生産が始まったのはインドであると考えられています。古いインドの仏教典に砂糖のことが記されているほか、紀元前334年にマケドニアのアレキサンダー大王がインドで砂糖を口にしたことが記録に残されています。さらに、英語で砂糖を意味する「Sugar」がインドの古いことばで砂を意味する「Sarkara」に由来するという説もあります。 ヨーロッパに伝播した砂糖キビは、気候が温暖な地中海の … 2.01袋. 砂糖(さとう、英語: Sugar 、ドイツ語: Zucker )は、甘みを持つ調味料(甘味料)である。 物質としては糖の結晶で、一般に多用される白砂糖の主成分はスクロース(Sucrose, ショ糖)と呼ばれ、これはブドウ糖と果糖の両方で構成される。 原料はサトウキビやテンサイである。 それにしても働く母親の家事参加率が一位って何? 地域性はあまりないようですが、最下位は沖縄県で、年間1.32袋となっており、トップの鹿児島県に比べ、半分以下の消費水準となっています … (※5)全国平均は、47都道府県平均です。. 世界の砂糖生産消費予測(LMC International)では、今砂糖年度(2020年10月~2021年9月)の世界生産量は前年比2.1%増の1億8千453万t(粗糖換算)で、消費量は1.3%増の1億8千4万tと見ている。ただし、日本を含めてコロナ第3波が襲っており、都市封鎖など消費量の下方修正は余地が残る。  ※合わせて、都道府県民1人あたりの支出金額(消費金額)も掲載。, 地域性はあまりないようですが、最下位は千葉県で、年間1.12袋となっており、トップの長野県に比べ、3分の1程度の消費水準となっています。, (※1)表の矢印をクリックすると、並び替えができます。 砂糖の摂りすぎを抑えることで慢性疾患や虫歯、肥満などの予防につなげるを目的として、WHO(世界保健機関)が「成人の1日あたりの砂糖摂取量は25g程度までが望ましい」とする新指針を発表していたことをご存知でしたか? 近年で… 家計調査の1世帯当たり品目別年間支出金額及び購入数量(二人以上の世帯)のデータから,どのような品目でどの程度の地域差があるのかを明らかにするため,2017年~2019年平均の品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキングを集計しました。 砂糖摂取量の少ないインディアやインドネシアや韓国は、脂肪の摂取量も少ないのだよ。 国の裕福さ具合や、気候や食べ物の嗜好にも関わってくるのかもしれないけれど。 日本は、真ん中よりちょっと下 だけど、やっぱり、海外からの食品が増えたり、 日本国内、砂糖の一人当たり消費量は、1970年代からなだらかな減少傾向。 ピーク時には一人当たり年間30kg消費していたものが最近では15kg強とほぼ半減しています。 ここで一旦、世界の砂糖消費量を確認しておきましょうか。(農水省データです) 白砂糖. はたまた寒い地域の方が消費されている?私個人としては、中東方面で紅茶に“ドサッ”と山盛り入れているイメージがあったりするのですが・・・。 今回は2017年の主要各国の年間1人あたりの砂糖消費量をもとに、見ていきましょう。 さらに、生産量3位・消費量2位にeu、生産量4位にタイ、生産量5位に中国と続きます。世界の砂糖事情を見てみると、生産量と消費量の上位国はほぼ同じであり、一部の国に集中していることが分かります。 北と南の地域を支える日本の砂糖生産 日本人が最も好む砂糖とされる「白砂糖」。上白糖とも呼ばれており、お菓子作りから和食・洋食・中華などの多彩な料理から、ドリンク・デザートに至るまで、さまざまな場所で使われています。「白砂糖」とまとめられがちですが、実はバリエーションが豊富。 (※4)「家計調査」「小売物価統計調査」のデータは、都道府県庁所在地の市をベースとしていますが、ここでは便宜的に都道府県別として取り扱っています。 日本以外の国のお茶事情は、糖分をたっぷりと入れて飲むのがごく一般的。緑茶にもお砂糖を入れるのが普通で、糖分なしのお茶を好むのはごくごく少数派なのです。 世界のお茶ランキング、日本の消費量 … 世界で大きな問題となっているこのとの一つとして「食品ロス」があげられます。食品ロスについて、一人当たりの年間の食品廃棄物量(食べ残し量)を主要国でランキングし、日本の現状と世界の取り組みを書いています。 面白いのは砂糖の消費量が全国で最も多い事。これは漬物を漬ける時に使う砂糖が多いからかもですが、他県と比べてもダントツに多いんです。 . Copyright © 2014-2020 地域の入れ物 All Rights Reserved. 製造方法と種類 原料魚 製造の歴史 消費量と生産量 水産ねり製品の購入金額は1人当たり年間3,000円、1世帯にすると約8千円強というのが、最近の動向です。80年代は、横這いで推移し、バブル以降、ちょっと上昇傾向がみられたものの、そのあとのジリ貧傾向が気になるところではあります。 (※2)表の数値は、都道府県民1人当たりの数値です。 やがて戦後の復興とともに砂糖の消費量は飛躍的に伸び、1人あたりの年間消費量は1973年(昭和48年)には29キロまでになりましたが、「肥満」「糖尿病」の原因や「キレる」など、砂糖に対する誤解、甘味の嗜好の多様化(微糖・甘さ控えめ等)などからか、現在は、20キロ程度となっています。 野菜の摂取量は男女ともに日本一です。 . 砂糖の生産量ランキング(都道府県別) 1,231,105kl 順位 都道府県 収穫量 割合 1位 北海道 583,740kl 34.90% 2位 千葉県 236,360kl 14.70% 3位 愛知県 211,110kl 13.00% 4位 全国平均. 砂糖業界は平成時代に消費量が約28%減少し統合再編を繰り返してきた。今3月にも業界トップの三井製糖と大日本明治製糖が経営統合を発表。それに日本甜菜製糖も資本業務提携を行う。「コロナが再編議論を早めるだろう」(別の製糖幹部)と、他の組み合わせも前倒しされるかもしれない。 世界のコーヒー消費量 世界的に見てコーヒー消費エリアは、ヨーロッパが圧倒的に高いです。ランキングbest10のうち、9ヶ国がランクインしています。ランキング1位のルクセンブルクは、1日約7.5杯飲む … 世界のチョコレート消費量 チョコレートの国別年間消費量ランキングが、興味深い順位になっています。なんとベスト20の中にヨーロッパの国が18ヶ国もランキングされているんです。 1位のルーマニアの … 全国平均は2.01袋ですが、トップは、鹿児島県で3.13袋となっています。. 都市部で砂糖消費量が少なく、砂糖離れが進んでいる。 砂糖消費量 全国平均5,063g 1位長野6,918g 2位長崎6,750g 3位山形6,435g 4位鳥取6,198g 5位宮崎6,093g 6位鹿児島6,027g 7位大分5,961g…45位愛知3,718g 46位石川3,556g 47位東京3,393g 日本人が多く訪問している国・地域; 日本への入国者の多い国・地域; 日本人の多い国; 日本語学習者の多い国・地域; 歴代外国人相撲力士の出身の多い国・地域; 二酸化炭素(co2)排出量の多い国; 1人あたりのエネルギー消費量の多い国; 絶滅危惧種の多い国 おめでとうございます、栄えある1位は長野市です。 全国平均は1.89袋ですが、トップは、長野県で3.25袋となっています。 地域性はあまりないようですが、最下位は千葉県で、年間1.12袋となっており、トップの長野県に比べ、3分の1程度の消費水準となっています。 ---- 砂糖の消費量 平成30年