沖縄の歴史研究に欠かせない「おもろさうし」の中に出てくる話として、昔は「ほえむ」と呼ばれていた場所の地名を漢字表記することになり、「保栄茂」と決められたことまでは分かりました。それがなぜ、いつのまにか「びん」に変わって 沖縄は人の名前も地名も独特なものが多いです。 沖縄の人には馴染みがあり、違和感感じることは無いのかもしれませんが、 県外から来た人は読めない地名に戸惑うこともあるかもしれません。 先日おきなわ屋(沖縄お土産店)で買い物をしてきました。 九州・沖縄 - 鹿児島県日置市東市来町美山に「苗代川」と言う地名があります。苗代は「ナワシロ、ナエシロ」、川は「カワ、ガワ」の4通りの読みがありますが、正しい読み方は何でしょうか。地名の読み方は分かり 日本には読めたらスゴイ難読地名がたくさん存在します。特に沖縄には、簡単に読めない地名が多く見られますよね。たとえば、「平安名」=「へいあんな」ではありませんよ。今回は、読めたら自慢できる、沖縄の地名を4つご紹介します 沖縄県中頭郡西原町の郵便番号一覧、住所・地名の読み方 沖縄県中頭郡西原町(おきなわけん なかがみぐんにしはらちょう)内にある郵便番号、および住所・地名の読み方の一覧です。 五十音順に並べています。 これらは日本郵便のデータをもとに記しています。 那覇市 (なはし) 宜野湾市 (ぎのわんし) 石垣市 (いしがきし) 浦添市 (うらそえし) 名護市 (なごし) 糸満市 (いとまんし) 沖縄市 (おきなわし) 豊見城市 (とみぐすくし) うるま市 (うるまし) 宮古島市 (みやこじまし) 南城市 (なんじょうし) 国頭郡国頭村 沖縄ならではの読み方なので、これは知らないと読めないですよね。「東風平さん」は「とんぷうぺいさん」と読んでしまいそうです。地名と同じ苗字も多く、難読地名も多いことが分かります。 珍しい名前の呼び方とは! 東西南北を「ひがし・にし・みなみ・きた」とは読まず、それぞれ「あがり・いり・ふぇー・にし」と読みます。, 沖縄旅行に来たときに現地で迷い、「にし(西)に行きたいのですが」と聞いて「あぁ、にし(北)はあっちさぁ」と答えられ、結局たどり着けないという事が無きにしも非ず。, 諸説ありますが、「東(あがり)」は太陽が東から昇るから“あがり”、「西(いり)」は太陽が沈むために“入り”が起源とされています。, 「南(ふぇー)」は春になると吹く暖かい南風のことを“はえ”と呼ぶことから転じて“ふぇー”と読むようになったようです。, 余談ですが、ブンブンとうるさいあのハエは、南風の吹く暖かい季節になると出てくることから名付けられたそうです(“うるさい”は“五月蝿い”と書きますね)。, ちなみに南風を“はえ”と読む文化は、沖縄だけでなく鹿児島や九州北西部にもあるためか、長崎県佐世保市にも南風崎(はえのさき)という地名があります。, 言語学者の金沢庄三郎氏によると、古代日本では、民族が大陸・朝鮮半島を経て、日本へと移り住んできた。, つまり「いにしえ」の先祖は、琉球の位置からすれば北側から渡来してきたため、北方を「いにしえ」と呼んだ。, その説を確信させるかのように、当時、本土で都があった京都から望めば、半島方面は「西」に位置し、そのため本土では「西=にし」と呼ぶようになったとされています。, 沖縄本島の中ほどにある「西原町」は、読みこそ「にしはら」ですが、古代琉球王国の首都である「首里」の北側(にし)に位置しています。, 地図上では西側と言えなくもないのですが、古来の波照間の方位の東西線上では北側に位置しています。, 最近になって島の周遊道路に「西の浜」という道路表示が出されたため、現地の人と旅行でこの地を訪れた人の間に混乱を招いているようです。, いまでこそ「さいたま市」などひらがな表記の自治体も認められていますが、むかしは地名や呼び名など何にでも漢字を当てはめる慣例があったので、このような事態が起きてしまったのですね。. 読み方 当サイトの地名の読み方は、 日本郵便 が提供しているデータに基づいて表示しています。 これは各自治体が定めているものと異なる場合もあります。 また個人によって「字」(あざ)・「大字」(おおあざ)などを含めることもありますが、本サイトでは含めておりません。 地名読み方 沖縄観光協会 道の駅 沖縄ニュース 沖縄出身の有名人 沖縄世界遺産 沖縄の方言-うちなぁぐち 沖縄の常識 これ知っとこ!! 日本最南端の電車ゆいレールでGO! 沖縄そばナビ 沖縄の激安で泊まれる宿 沖縄スーパー 浦添市(うらぞえし)〈沖縄島〉. 沖縄の難しい地名と漢字 2013年8月19日 沖縄では、方角の読み方に独特の文化があります。 東西南北を「ひがし・にし・みなみ・きた」とは読まず、それぞれ「あがり・いり・ふぇー・にし」と読みます。 沖縄の地名の読み方は、独特です。今だに「な、なんだっけ?」と覚えられていない地名がたくさんあります。読谷・今帰仁・南風原など、変わった読み方を解説していきます。 恩納村(おんなそん)や糸満市(いとまんし)をはじめ、沖縄県には変わった漢字や読み方の地名が多数存在します。読むのが難しい難読地名も多数。そこで今回は、読めたらすごい沖縄県の難読地名について探ってみました。 なんで沖縄の地名の読み方がこんなに難しいのか調べてみました! 「保栄茂」この地名の読み方が何だか分かりますか?実はこれ、沖縄にある地名です。沖縄には難しい地名がたくさんありますが、この「保栄茂」はその中でもとても珍しい地名なんです…!今回はこの地名についてご紹介していきますよ 伊原間(いばるま)、川平(かびら)、桃里(とうざと)、登野城(とのしろ)、名蔵(なぐら)、野底(のそこ)、桴海(ふかい)、宮良(みやら), 東山(あがりやま)、安慶名(あげな)、伊波(いは)、西原(いりばる)、宇堅(うけん)、栄野比(えのび)、恩納(おんな)、恩納崎(おんなざき)、嘉手苅(かでかる)、兼箇段(かねかだん)、喜屋武(きゃん)、楚南(そなん)、平良川(たいらがわ)、津堅(つけん)、天願(てんがん)、桃原(とうばる)、南風原(はえばる)、平敷屋(へしきや)、平安座(へんざ)、平安名(へんな)、饒辺(のへん)、屋慶名(やけな)、与那城(よなしろ), 大兼久(おおがねく)、大宜味(おおぎみ)、喜如嘉(きじょか)、謝名城(じゃなぐすく)、大保(たいほ)、津波(つは)、饒波(ぬうは)、根路銘(ねろめ)、屋古(やこ), 安谷屋(あだにや)、大城(おおぐすく)、喜舎場(きしゃば)、島袋(しまぶく)、瑞慶覧(ずけらん)、仲順(ちゅんじゅん)、屋宜原(やぎばる)、和仁屋(わにや), 安田(あだ)、宇嘉(うか)、宇良(うら)、鏡地(かがんじ)、宜名真(ぎなま)、謝敷(じゃしき)、楚洲(そす)、桃原(とうばる)、半地(はんじ)、比地(ひじ)、辺戸(へど)、辺土名(へんとな)、辺野喜(べのき), 宇江城(うえぐすく)、奥武(おう)、嘉手苅(かでかる)、兼城(かねぐすく)、銭田(ぜんだ)、仲村渠(なかんだかり)、西銘(にしめ)、比屋定(ひやじょう)、真我里(まがり)、真謝(まじゃ)、山城(やまぐすく), 伊良波(いらは)、嘉数(かかず)、金良(かねら)、我那覇(がなは)、宜保(ぎぼ)、平良(たいら)、田頭(たがみ)、渡橋名(とはしな)、豊見城(とみぐすく)、名嘉地(なかち)、根差部(ねさぶ)、饒波(のは)、保栄茂(びん)、真玉橋(まだんばし), 新垣(あらかき)、伊集(いじゅ)、北上原(きたうえばる)、久場(くば)、添石(そえし)、南上原(みなみうえばる)、屋宜(やぎ)、和宇慶(わうけ), 天底(あめそこ)、運天(うんてん)、兼次(かねし)、古宇利(こうり)、越地(こえち)、呉我山(ごがやま)、諸志(しょし)、謝名(じゃな)、勢理客(せりきゃく)、渡喜仁(ときじん)、仲尾次(なかおし)、平敷(へしき), 東江(あがりえ)、安部(あぶ)、宇茂佐(うむさ)、運天原(うんてんばる)、我部(がぶ)、我部祖河(がぶそか)、許田(きょだ)、城(ぐすく)、源河(げんか)、古我知(こがち)、数久田(すくた)、済井出(すむいで)、田井等(たいら)、汀間(ていま)、天仁屋(てにや)、仲尾次(なかおし)、為又(びいまた)、振慶名(ぶりけな)、辺野古(へのこ)、山入端(やまのは)、世冨慶(よふけ)、饒平名(よへな), 安次嶺(あしみね)、安謝(あじゃ)、天久(あめく)、宇栄原(うえばる)、奥武山町(おおのやまちょう)、小禄(おろく)、鏡水(かがみず)、垣花町(かきのはちょう)、金城(かなぐすく)、鏡原町(きょうはらちょう)、古波蔵(こはぐら)、識名(しきな)、首里平良町(しゅりたいらちょう)、首里当蔵町(しゅりとうのくらちょう)、首里桃原町(しゅりとうばるちょう)、楚辺(そべ)、高良(たから)、田原(たばる)、通堂町(とんどうちょう)、繁多川(はんたがわ)、真地(まあじ)、宮城(みやぐすく)、銘苅(めかる)、寄宮(よりみや), 糸数(いとかず)、奥武(おう)、小谷(おこく)、親慶原(おやけばる)、垣花(かきのはな)、兼久(かねく)、喜良原(きらばる)、久手堅(くでけん)、志堅原(しけんばる)、新里(しんざと)、玉城(たまぐすく)、津波古(つはこ)、手登根(てどこん)、當山(とうやま)、仲村渠(なかんだかり)、冨祖崎(ふそざき)、古堅(ふるげん)、屋嘉部(やかぶ)、屋比久(やびく), 荷川取(にかどり)、東仲宗根添(ひがしなかそねぞえ)、野原(のばる)、新城(あらぐすく)、砂川(うるか)、保良(ぼら)、嘉手苅(かでかり)、川満(かわみつ)、来間(くりま), 伊良皆(いらみ)、上地(うえち)、大湾(おおわん)、喜名(きな)、座喜味(ざきみ)、楚辺(そべ)、渡具知(とぐち)、渡慶次(とけし)、比謝(ひじゃ)、比謝矼(ひじゃばし)、古堅(ふるげん). うるま市(うるまし)〈沖縄島〉. 沖縄の地名の読みにGooラボは勝てませんでした。 2人目の挑戦者: Wikipedia (MediaWiki API) 有名な地名であればWikipediaにも載っているということで、この箇所を抜き出してみます。 沖縄県 宜野湾市の読み方や関連情報が大きな文字ですぐ判る「地名読み」 「地名読み」内に記載されている地名、地名の読み、郵便番号は日本郵便のデータを元に作成しています。 沖縄の地名で「勢理客」がありますが、みなさんはこの漢字を読むことができますか?答えを見る前から読めたあなたはスゴすぎます…!この記事を読んだ後は、「勢理客」を読める人になっていますよ 今すぐ「勢理客」の読み方をチェックしましょう! 安波茶(あはちゃ)、伊奈武瀬(いなんせ)、西洲(いりじま)、城間(ぐすくま)、小湾(こわん)、勢理客(じっちゃく)、沢岻(たくし)、屋富祖(やふそ). 沖縄は琉球時代から仮名(平仮名)が一般的に使用されていて、地名の表記も仮名表記でした。 1609年に薩摩藩が琉球を支配するようになり、漢字の使用が広まっていき なぜ読みづらい?沖縄の地名 沖縄に移住してまず戸惑うのが地名の読み方の難しいこと!なかなか覚えるのに時間がかかりますし、覚えたところで意味不明!となることもしばしば。そもそも琉球王朝時代沖縄はひらがなを基本として使われていました。 沖縄の難しい読み方の地名を紹介しています。沖縄の地名クイズもあります。 読み方が特に難解な沖縄の地名をクイズにしました。全問正解はかなり難しいかも... 地名クイズに挑戦する