連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile084 新年も2週目となり、学生から会社員の方まで多くの人が新たな年の平日を過ごし始めていると思います。 2020年の新作映画の公開が続々と始まるタイミングで公開される『ペット・セメタリー』(2020)は1989年にも同タイトルで映像化 … 映画 2019.10.31 2019.11.04 これねぎ. ちなみにペット・セメタリーは 1989年に既に実写映画化されており 、その続編の 「ペット・セメタリー2」 も公開されているようです。 リメイクかと思いましたが、どうやらただのリメイクではなく 設定などガラッと変えた作品になっているそう 。 懐かしい作品をリメイクする流れに乗って、失敗した映画。全然怖くないし、話に面白味がないです。14点(100点満点)ペット・セメタリー2019のあらすじボストンで医者をしていたルイス・グリードは小さな町に妻のレイチェルと娘のエリー、息子のゲー みたい. ペット・セメタリーあらすじ. 『ペット・セメタリー』(Pet Sematary)は2019年のアメリカ合衆国のホラー映画。監督はケヴィン・コルシュとデニス・ウィドマイヤー、主演はジェイソン・クラークが務めた。 本作はスティーブン・キングが1983年に発表した小説『ペット・セマタリー』を原作としている。 1989年に映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、新たな設定で再映画化したホラー。 家族ともに田舎に越した医師ルイスの新居の裏には動物の墓地「ペット・セメタリー」があった。 1989年に公開されて以来、今も根強いファンが居るスティーヴン・キング原作の『ペットセメタリー』。 30年ぶりに再映画化された本作で、禁断の土地への案内人・ジャドを演じるのは名優ジョン・リスゴー。主人公ルイス・クリードに扮するのはジェイソン・クラークです。 ペット・セメタリー (1989) (cinemorgue.wikia.comより) まず最初に言っておきますが . 上映館を探す. 3.5. 感謝祭を過ごすために家族みんなでレイチェルの実家へ行くことになりますが、レイチェルの父親が苦手なルイスは一人で留守番をすることにします。ジャドから「うちの芝生に猫の死骸が。娘さんのらしい」と電話があり、ジャドの家に行きます。チャーチを可愛がっていたエリーのことを思い、気持ちが沈むルイス。ジャドは「いい方法がある」と言い、ペットセメタリー向かいます。 ルイスがペットセメタリーのどこに埋めるのか?と聞くと、ジャドは枯れ枝の山を指差し、あそこを超えると言います … 映画「ペットセメタリー」のリメイク版のネタバレ・あらすじを紹介します。実は1989年に一度映画化しており、そのリメイク版となっています。恐ろしすぎて出版が見送られたいわくつきの「ペットセメタリー」のあらすじ・ネタバレ、衝撃的な結末を紹介します! おすすめポイント・あらすじ・ネタバレ等分かりやすく解説していきます! グロテスクで怖くてマジで衝撃で … スティーブン・キング原作の小説を映画化して1989年に公開された『ペットセメタリー』。その『ペットセメタリー』が30年ぶりに再度映画化され、リメイク版として2019年4月5日に全公開されます。 本作は、愛しているが故に禁断の儀式を用いて死者を蘇らせるというのを根底に置いているため感動作に思えますが、実際はホラーテイストな仕上がりに。 タイトルの「PET SEMATARY」は、ペット霊園を英語で表した際 … 映画『ペット・セメタリー(2019)』が日本で公開されるのは、2020年1月17日ですが、アメリカでは2019年4月5日に公開されました。 ※初公開されたのが2019年ですので、リメイク版の表記は『ペット・セメタリー(2019)』にしています。 映画『ペット・セメタリー(2019)』の構想は2013年からあったようで、正式に発表されたのは2010年3月でした。脚本はその頃から書かれており、監督が決まったのは2017年10月です。 監督は … 0. 人生のきらめきが詰まったアニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』を大特集!感想を投稿してプレゼントをもらおう, MOVIE WALKER PRESSが贈る恒例の年末年始企画「映画人が選ぶ、ベスト映画」。あの人はなにを選んでる?. 評価・レビュー. メイン州の田舎町の白い大きな家に越してきたクリード一家は、優しく頼もしい医師の夫ルイス、若く美しい妻レイチェル、幼い娘エリー、よちよち歩きの息子ゲイジと灰色の大きな猫チャーチと言う幸せな家族でした。中年で通いの家政婦ミッシーは未婚で、そんなレイチェルを羨み私は胃が痛いとこぼします。 気にかかるのは家の前の柵の無い田舎道で、昼夜分かたずオリンコ社の大型トラックが行き交い、引っ越して間もなく道に出たゲイジは道を挟んだ向かいの古屋に住む老人ジャドに助けられます … 『ペットセメタリー』は、1989年に公開されたアメリカの映画です(103分)。 (約5分で読めます) 『ペットセメタリー』のネタバレなしのあらすじ 『ペットセメタリー』を観た感想と見どころ 不気味さと後味の悪さ; 後半はガッツリホラー! オリジナル版『ペットセメタリー』ってどんな映画? オリジナル版『ペットセメタリー』は1989年の公開です。 (続編『ペットセメタリー2』も製作されていますが、こちらはあまり評判は芳しくなかったそうです…。) 映画『ペット・セメタリー』の主人公である医者。 かわいい妻と子供たちとペットに恵まれ、医師としての順調な人生を送ります。なお夫婦仲はよいものの、妻の両親とはあまり親しみがありません。それどころか敵対するような状態のため、レイチェルの実家にも行かない一面を持つのが特徴です。 性 … この映画は 早い段階から展開が読めます! しかし読めるのにすっごく怖いです! 原作は今さら感の スティーブン・キング ですが、モダン・ホラーの巨匠の作品は. 「ペット・セメタリー」 (pet sem e tary)ではなく 『ペット・セ マ タリー』になっています。 ただし、昔映画化されたときの映画タイトルの表記は 「ペット・セメタリー」になってました。 この小説、30年前に初めて読んだときは、 本当に切なくて悲しくて. Copyright © MOVIE WALKER Co., Ltd. All Rights Reserved. あゆき今日はスティーブン・キング原作の傑作ホラー映画『ペット・セメタリー』のあらすじと感想を書いていくよ。リメイク版も公開されたけど、今回は1989年公開のオリジナル版についてですあるふぁ死者が蘇る不思議な墓地にまつわるお話です。ホラー映画 『ペット・セメタリー』(原題: Pet Sematary)はスティーヴン・キングが1983年に発表した長編小説である。 ホラー小説界の巨匠、スティーヴン・キング原作の「ペット・セメタリー」が本日公開となりました!!初めて映画化されたのは1989年。30年の時を経てリメイクされて帰ってきた『ペット・セメタリー(2019)』は、原作とはちょっと様子が違います。映 ペット・セメタリー・2019とは2019年の4月にアメリカで公開された映画作品です。元々ペット・セメタリーという映画は1983年に発表されたスティーブンキングの同名小説を1989年に映画化した作品であり、このペット・セメタリー・2019はその作品のリメイク版となっています。 ボストンで医者をしていたルイス・グリードは小さな町に妻のレイチェルと娘のエリー、息子のゲージとともに引っ越してくる。 そこで家族は静かでのどかな田舎生活を始めるつもりだった。 ある日、娘のエリーは家の敷地内にある森の中に近所の子供たちが死� 1989年に公開された映画『ペット・セメタリー(1989)』では、ラモーンズ というパンク・ロックバンドが主題歌を担当しました。ラモーンズは2002年にはロックの殿堂入りし、ローリング誌が選ぶ「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」の第26位にも選ばれ、パンク・ムーブメントに大きな影 … 映画「ペットセメタリー2019 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ペットセメタリー2019 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 映画「ペット・セメタリー」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, ペット・セメタリーの紹介:1989年アメリカ映画。ある日、田舎の一軒家に引っ越してきたクリード一家。家の近くのペット霊園に亡くなった愛猫を埋葬したことから起こる怪現象を描いたホラー映画。スティーヴン・キングが自らの体験を基に1983年に発表した長編小説の映画化作品。続編となるペット・セメタリー2には、ターミネーター2でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングが主演して話題となった。2019年には設定を新しくしてリメイク、再映画化された。日本公開は2020年1月。 映画『ペットセメタリー (1989)』あらすじ 娘と息子4人で訪れた土地に新しい生活を描いて、引っ越してきたクリード一家。 映画『ペットセメタリー(1989)』動画フルを無料で視聴する方法!ネタバレあらすじや感想も スティーブン・キング原作の映画化。 1989年にも映画化されているのでリメイク。 でも、スティーブン・キングの映画って古臭さが持ち味であると思うけれど、なぜ2019年に公開したのか謎なくらい、数十年前のスティーブン・キングの原作を単に映画化したという。 尚、映画の大ヒットにより前日譚 の内容を映画化する可能性もあるとの事。 怖さ、映像などバージョンアップしての登場! 原作小説も名高い今作の. ペット・セメタリー(1989) ペット・セメタリー(1989) 1989年8月19日公開,103分 . ある小さな町のペット・セメタリーにまつわる伝説を描くホラー映画。製作はリチャード・P・ルービンスタイン、監督は「シエスタ」のメアリー・ランバート、原作・脚色はスティーブン・キング、撮影はピーター・スタイン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。出演はデール・ミッドキフ、フレッド・グウィンほか。日本版字幕は大條成昭。カラー、ビスタサイズ。ドルビーステレオ。1989年作品。, メイン州の田舎町ルドローの大学病院の院長に選ばれた医師ルイス・クリード(デール・ミッドキフ)は妻レイチェル(デニーズ・クロスビー)や2人の子供エリー(ブレーズ・バーダール)、ゲイジ(マイコ・ヒューズ)とシカゴから引っ越してきたが、家の前の道路を行きかう大型トラックに驚く。そんな彼らの向かいに住むジャド・クランダル(フレッド・グウィン)は、この道路で轢かれたぺットを葬るペットセメタリーの存在を教える。ある日ルイスの病院にヴィクター・パスコー(ブラッド・グリーンクィスト)という患者が運び込まれてくるが、看護空しく息を引きとった。その夜ルイスは夢でパスコーから、あの墓地に足を踏み入れるなと告げられる。レイチェルと子供達をシカゴの実家へ送り出した感謝祭の日、ルイスはエリーが可愛がっている仔猫の死骸を見つける。彼はジャドの案内で墓地の奥深く、山の中の平坦な場所にそれを埋めると、翌朝その猫が生き返るが凶暴と化していた。ある日レイチェルの家事を手伝っていたミッシー・ダンドリッジ(スーザン・J・ブロムマート)が自殺したことで、彼女は自分の姉ゼルダの死を思い出し苦にしていた。さらにクリード一家とジャドの団欒の日、ゲイジが大型タンクローラーにはねられ轢死する悲劇が起きた。例の墓地にゲイジを埋めようとするルイスにジャドは、呪われた人間となって生まれ変わる、と諭すが、レイチェルとエリーが実家に戻ったある夜、彼は息子をあの墓地に埋めた。異変を察したレイチェルは慌ててメイン州の自宅に向かうが、ゼルダの夢に悩まされる彼女を幽霊のパスコーが見守っていた。やがて生き返ったゲイジは、父の鞄からメスを奪い、いたずらをする様にジャドを死に追いやった。そして家にたどりついた母の命をも奪うのだった。ついにルイスはゲイジの命を奪い、妻の死体をまたあの墓地に埋めようとしている。それは悲嘆のあまり狂ったようになってしまった男の姿だった。, 「ペット・セメタリーは実在した」スティーヴン・キングが“禁忌ホラー”の誕生秘話を告白!, 真夏はやっぱりホラー特集!「ホラー映画で殺されない方法」をテーマにスターチャンネルで放送, そしてそれが生き返る方法があるとしたら、、これはそんな家族を失った人の切実な思いにこたえる?映画です。愛する息子が死んだときそしてそれがあのペットセメタリーで儀式を行えば生き返ると知ったならば、、あなたはどうしますか?でも死んだものを生き返らすという神の摂理に反した時人はその償いをしなければならないのですね。, ホラーというとほとんどの作品が、怖さや気持ち悪さをどれだけ表現できるかがメインで人間の感情の機微は二の次的なものになってしまってますが、こちらの作品はちがいます。視覚的、聴覚的な怖さだけでなく、家族愛のせつなさもしっかり表現されてます。, ホラーの中では1番大好きな作品です。最初に見た時に、全然期待しないで見たせいか、すっごい良かったです。やっぱり、映画は期待しすぎると、コケルコトガ多いですよね(笑)ホラーなんですけど、そんなに気持ち悪いシーンはないです。それよりも家族愛に号泣。子供が金髪で、天使みたいに可愛いだけに、あんな事になっちゃって・・・(涙)ビデオで3回くらい見ていますが、その度に号泣。これを見てからキング作品を観るようになりましたが、1番はコレです!, 享楽的な“ビーチ”で、水着美女が入り乱れる…「今際の国のアリス」場面写真を大放出!, 【閲覧注意】最恐の心霊スポット「犬鳴トンネル」へ潜入…『犬鳴村』は実在した<写真36点>, 「バイオハザード」プロデューサーが『新感染半島』の魅力を分析!「自分を犠牲にしてでも愛する者を守ろうとする」, キアヌ・リーブスが「ビルとテッド」シリーズで築いた、30年来のゴキゲンな友情「互いにエクセレントであれ」, スーパー戦隊最新作「機界戦隊ゼンカイジャー」はアカレンジャーと歴代ロボがモチーフ!, ヘタレの劉備にノリが軽い孔明、ナルシスト趙雲…『新解釈・三國志』キャラクター図鑑!, 「月刊シネコンウォーカー」のニュースやコラムがウェブでも読める!バックナンバーのお申込みも. 監督: メアリー・ランバート 出演:デイル・ミッドキフ(ルイス)、フレッド・グウィン(ジャド)、デニーズ・クロスビー(レイチェル)、 ブレーズ・バーダール(エリー)、マイコ・ヒューズ(ゲイジ)ほか, ここからは映画「ペット・セメタリー」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 大型トラックが爆走する道路沿いにある一軒家に、クリード一家が引っ越してきます。クリード家はハンサムな医師のルイス、美人で聡明な妻レイチェル、おませで元気な娘エリー、まだヨチヨチ歩きで愛らしい息子ゲイジの4人家族です。, エリーは広い庭がある家に大喜び。早速、木に付けられているタイヤのブランコで遊び始めます。レイチェルも家が気に入り、ルイスと抱きしめ合って喜びます。こうして美しくて幸せな家族の新しい生活がスタートします。, ブランコに乗っていたエリーは、庭に道があるのを発見します。道に気を取られてブランコに乗っているうちにブランコのロープがほどけてしまい、地面に落ちて泣き出します。ルイスとレイチェルが慌ててエリーのところに行きますが、幸い擦り傷程度のケガです。, ところが、みんなが目を離している間にゲイジが次々と大型トラックが走る道路に向かって歩き出してしまいます。レイチェルがゲイジが道路の方にいることに気付き、ルイスと一緒に大声で名前を呼びながら走ります。迫ってくるトラックをキョトンと見ているゲイジを、老人の男性が「危ないよ」と言いながら抱き上げます。レイチェルとルイスはゲイジが無事だったことに安堵しながら、老人にお礼を言います。, 老人は向かいの家に住んでいるジャドだと名乗り、「道路には注意をね。昼も夜もトラックが走り回るんだ」と教えてくれます。ジャドはエリーにも優しく話しかけ、すぐにみんなで打ち解けて笑い合います。レイチェルがジャドに「あの道はどこに行くんです?」とさっきエリーが見つけた道について尋ねてみると、ジャドは真顔になり「・・・いわくがあるし、かなり遠い。今度ご案内しよう。話はその時に」と言うのでした。, 新しい家での初めての夜。子供達と飼い猫チャーチがぐっすりと眠る姿を見て、幸せな表情をするレイチェル。ルイスは庭に出てひとりで道を見ていました。ジャドの言葉のせいか、何となく道が気がかりです。庭から向かいのジャドの家を見るとジャドが玄関前のウッドデッキにいるのが見え、そちらに行ってみることにします。, ジャドにビールを勧められ、一緒に飲みながら話をします。家の前の道路を絶え間なくトラックが爆走するのを見て驚くルイス。ジャドは君の奥さんが聞いてた道は、この道路とトラックのせいでできたと言います。「何がある?」と聞くと、「ペットの墓地(ペットセメタリー)」と言われ、思わず笑い出してしまうルイス。この道路のせいで動物がたくさん死ぬんだとジャドは言います。ルイスが「娘が猫を飼ってるんだ。名前はチャーチ」と言うと、「俺なら去勢手術をしとくな。夜歩きしなくなる。道路の行き来は命がけだ」と言われます。, レイチェルは中年女性の家政婦ミッシーに洗濯などを頼みますが、ミッシーに「医師の妻で幸せね。私なんて胃が痛むのに誰も・・でも当然。この年で未婚なんだから」などと言われて困惑します。, ジャドに道の先のペット霊園まで案内してもらうことになり、家族みんなで出掛けます。ペットセメタリーの中は、子供の手作りの感じのペットのお墓がたくさんありました。「道路のせいだ。動物を殺し大勢の子を悲しませた」と言うジャド。ペットセメタリーには道路以外で死んだ生き物のお墓もあります。ジャドはエリーに1924年に死んだ自分の愛犬の墓を見せ、お墓は死を知らせながら休む所なんだと話します。ペットセメタリーの奥には枯れ枝の山があり、先へ行けないようになっています。, その夜、チャーチもいつかは死んでしまうことを思って泣くエリー。次の日、エリーは新しい学校に初登校、ルイスも新しい病院に初勤務です。出勤途中にチャーチを動物病院へ連れて行って去勢をしてもらうことにします。ルイスの病院に、頭部に酷いケガをした青年が運び込まれてきます。見るからに助からないと分かる大怪我ですが、最後までできるだけの処置をするルイス。青年は亡くなり、ルイスが一人で青年の遺体の横に座っていると、青年は突然目を開いて呻きながらルイスの肩を掴んできます。驚いているルイスに向かい「男の・・・心ってのは岩のようにかたいものだ、ルイス」と言ってきます。「なぜ名前を?」と聞くと、青年は笑いながら「また・・・あんたの前に現れる」と言います。, 夜、ベッドで眠っていると、また青年が現れ「おいで先生。行くところがある」と言い、「あんたを助けたい。理由はあんたが助けようとしてくれたから」とルイスをペットセメタリーに誘い出します。青年はペットセメタリーで枯れ枝の山を指差し、「行くな。先生。どんなに行きたくてもあそこへは行っちゃいけない。死者達が歩く場所へは」と言われます。, 青年は「境界の向こうにある土地は腐っている」と言って宙に浮かび上がって消えます。ルイスは目覚めると家のベッドにいましたが、掛け布団をめくってみると足は泥だらけでした。職場で青年のカルテを見るルイス。青年の名前はビクター・パスコウと書いてあります。そしてカルテをゴミ箱に捨ててしまいます。, 感謝祭を過ごすために家族みんなでレイチェルの実家へ行くことになりますが、レイチェルの父親が苦手なルイスは一人で留守番をすることにします。ジャドから「うちの芝生に猫の死骸が。娘さんのらしい」と電話があり、ジャドの家に行きます。チャーチを可愛がっていたエリーのことを思い、気持ちが沈むルイス。ジャドは「いい方法がある」と言い、ペットセメタリー向かいます。, ルイスがペットセメタリーのどこに埋めるのか?と聞くと、ジャドは枯れ枝の山を指差し、あそこを超えると言います。ルイスは「越えられない」と答えますがジャドが「大丈夫、前に2度ほど通った」とヒョイヒョイと行ってしまったため、後に続きます。枯れ枝の山を越えて岩山を登っていくと、石が図形のように並んで積まれている不思議な場所に辿り着きます。, ルイスが「こりゃ何だ?」と聞くと、「ミクマク族の埋葬地だ、ここにエリーの猫を埋める」と言うジャド。「手伝いたいが君でないとな。飼い主だから」と言われ、ルイスはここに埋める意味が分からないながらも、ジャドの言うとおりにチャーチを埋めます。, 帰宅し、ジャドに今夜のことは家族には内緒だと言われます。「あれは何だった?」と聞くと、「あれはなルイス。秘密だったのさ。女にも秘密はある。だがどんな女にも男の本当の心なんか分からない。男の心は岩のようにかたい」。ビクターが言っていた言葉を思い出して愕然とするルイス。, 次の日、ルイスは庭掃除の途中でガレージに行くと、チャーチがいて驚きます。餌を持って呼ぶとチャーチが来ますが、汚れて酷い匂いがしている上に性格が凶暴になっていて、頬を引っかかれてしまいます。ジャドの家に行き「生き埋めにしたのかもしれない」と言ってみますが、ジャドに「首がグニャグニャだったし、地面から離す時も霜でテープをはがすような音がした。死んでたよ」と言われます。, わけが分からないルイス。ジャドは子供の頃に愛犬が死んだ時に、ミクマク族の古着商が昨夜の俺と同じことをしたと話します。しかし、戻って来た愛犬は以前とは様子が違っていて、2回目に死んだときに今のペットセメタリーに埋めたと言います。ルイスに「今までに人間は?」と聞かれ、慌てた様子でビール瓶を倒しながら否定するジャド。家に帰ってバスルームで熱い湯に浸かっていると、チャーチに浴槽の中にネズミの死骸を落とされて激怒します。, レイチェルと子供達を迎えに空港へ行くと、エリーに「チャーチが車に轢かれてパパたちが埋める夢を見たの、チャーチは本当に元気?」と聞かれます。帰宅して、チャーチが臭いと言うエリー。家政婦のミッシーが「私は胃ガン、これ以上痛みに耐えられない。すみません」というメモを体に貼って首つり自殺をしてしまいます。レイチェルは過去の辛い体験が思い起こされて気持ちが沈んでしまったため、ルイスとエリーとジャドがミッシーの葬儀に出ます。, レイチェルは子供の頃、脊髄の病気で部屋に閉じ込められるように暮らしていた姉に対する恐怖心と、姉が亡くなった時の自責の念にかられており、そのことを泣きながらルイスに告白します。ルイスは「君の両親と合わない理由がまた見つかった。8歳の子供に危篤で錯乱している姉を看させるなんて・・」とレイチェルを慰めます。, ルイスたちはジャドも呼んで庭で食事をし、美しく楽しい時間を過ごします。ルイスとゲイジは凧揚げをしますが、ルイスが目を離した隙にゲイジが凧に引っ張られる凧糸巻きを追いかけて道路の方に走って行ってしまいます。レイチェルが叫び、ルイスとジャドが全力で走りますが間に合わず、ゲイジはトラックに轢かれて亡くなってしまいます。, 魂が抜けたように呆然とゲイジの写真を眺めるルイス。エリーはゲイジと一緒に写ってる写真を大事そうに持ち、神様がゲイジを返してくれるまでずっと持ってると言います。ジャドが「それは無理だよ」と言うものの、エリーが不憫で仕方がありません。, ゲイジの葬儀が行われます。レイチェルの父親が「地獄へ落ちろ!なぜ道路で遊ばせた」とルイスに怒鳴って殴りかかります。泣きながら止めるレイチェル。この騒動でゲイジの棺が倒れてしまい、ルイスは怒りに震えますが、その場にいた人に気持ちを抑えるようにと言われます。帰宅後にエリーに「神様には人を生き返らせる力があるよね?うんとその気になれば。信じていい?」と聞かれ、「いいだろう」と答えるルイス。寝室に行くと眠っているレイチェルの体の上にチャーチがいて、ルイスに向かって唸り声を上げて威嚇をしてきたため、苦々しい思いで「出てけネコ!」と呟きます。, ジャドが再びルイスの家を訪れると、ルイスが来て「息子を埋葬した。疲れた」と言いながら酒を飲み始めます。ジャドは「君の考えは間違いだ。君が今夜悩んでいるのは俺のせいだ。・・・息子さんを埋葬地にか。考えなかったとは言わせない。前に聞いたな。ミクマク族の埋葬地に人間を埋めたかと。俺はウソをついた。実は・・・君が考えてることをやった男がいた。名はティミー。・・戦場からの帰国の途中で戦死した。親父のビルは悲嘆に暮れたあまり結果も考えずに遺骸をあの埋葬地に埋めたんだ」。, ルイスが「信じるよ。結果って何だ」と尋ねると「時には死の方がいい。あそこから帰る人間は変わるんだ。全然別人になってる。向こうの穴から出た生命はもう人間じゃないんだ」。その後、怪物のようになって誰も手が付けられなくなったティミーは村人達によって家ごと焼かれてしまいます。ジャドは「あの土地は腐ってる。埋葬地は邪悪なんだ」「ゲイジの死はあの土地と関係があるかも。あの土地のパワーを君に教えたからだ。俺が殺したんだ!」と涙を浮かべながら苦悩します。, レイチェルは両親とエリーと共にシカゴの実家へ行くことになります。ルイスだけ残って数日後に行くことになり、空港まで見送りに行きます。エリーはシカゴに行きたがらず、レイチェルの父親に「いやな夢を見たの。パパとゲイジとパクスコウとかいう人もいたわ」と話します。レイチェルの父親はルイスに「悪かったよ。気が立ってて」と謝ります。, みんなが出発した後、シャベルを持って墓地へ行くルイス。美しい花に囲まれたゲイジの墓の横に座り、「間違いだ。あの事故はひどすぎる」と呟いていると、ビクターが現れて「あの境界を・・・超えてはならない。土地が・・・腐ってる」と厳しい表情で忠告されます。ルイスは泣きながら「もしダメなら・・・生き返った息子がティミーのようなら、すぐ眠らせる」と言います。, シカゴのレイチェルの実家で泣き叫びながら目覚めるエリー。悪い夢を見ただけよと言うレイチェルに「違うわ。パクスコウが言ったの。パパがすごく悪いことをするって」。レイチェルが「そのパクスコウって誰?お化け?」と聞くと、「幽霊よ。いい幽霊。私達に教えに来たんだって。ずっとパパのそばにいたけど、パパの魂がその・・サク・・思い出せない」と泣き出します。幽霊なんていないのとなだめるレイチェル。「でもパパが大丈夫かどうか電話してね?」と言われ、電話することを約束します。, 部屋を出て歩きながら「パクスコウ?前にどこかで・・」と呟いているとビクターが現れ「パスコウだ」とレイチェルに話しかけます。レイチェルにはビクターの姿が見えず、「パスコウ?エリーはそう言ったのかしら」とエリーの言葉を思い返します。「パパの魂が・・サク・・」。「『錯乱』だ」とレイチェルに呟くビクター。レイチェルはエリーが言いたかったのは「錯乱」ではないかと思い立って愕然とし、走り出します。レイチェルの様子を見て微笑むビクター。, ルイスはゲイジの墓を掘り起こします。レイチェルは家に電話しますがルイスが出ないため、ジャドに「ルイスがお邪魔してるかと」と電話します。ジャドは嫌な予感がしながら「ルイスが来たら電話させる」と言いますが、レイチェルはそっちに帰ると言います。ジャドは「よせ」と言いますが、レイチェルは「急ぐので」と電話を切ってしまいます。, ルイスが墓を掘っていると、パトカーが来たため隠れます。パトカーが行ってしまうとクスクスと笑いながらまた掘り続けるルイス。ジャドはウッドデッキの椅子に座って、ルイスの帰宅を待つことにします。「やったな・・バカめが」と呟くジャド。棺から出したゲイジの遺体を抱きしめながら「任せとけ。大丈夫だからな」と語りかけるルイス。, レイチェルは飛行機を降りた後はレンタカーで自宅へ向かいますが、タイヤがパンクして立往生してしまいます。レイチェルに向かって「悪霊があんたを引き留める気だ」と言うビクター。, ルイスはミクマク族の埋葬地にゲイジを埋め、「帰っておいで。皆の所へ」と語りかけます。ルイスは家に帰りますが、ジャドはウッドデッキで居眠りをしていてルイスの帰宅に気が付きません。ルイスはすぐにベッドに倒れ込んで眠ってしまいます。, 玄関のドアが開いて小さな人影が家の中に入り、ルイスの往診カバンからメスを取り出します。目が覚めたジャドはルイスの家の明かりが点いてるのを見て、慌てて立ち上がりますが、小さな足跡が自分の家の中に続いているのを発見して家の中に入ります。家の中の様子を窺うと、「隠れんぼしようよ」とゲイジの可愛らしい声が聞こえてきます。, 「ゲイジかい。遊びに来たんだね」とナイフを手にするジャド。ベッドの下を探そうとして屈んだ瞬間にチャーチが鳴いたため、そっちに気を取られているとベッドの下にいたゲイジが、メスでジャドのアキレス腱部分を深く切り付けます。突然の痛みに倒れ込んでいると、ベッドの下から出てきたゲイジがメスを持って唸りながら近付いて来ます。ゲイジは叫び声をあげたジャドの口をメスで裂き、喉を噛み裂いてジャドを殺害します。, その頃、ヒッチハイクで家に辿り着いたレイチェル。運転手にお礼を言うと、助手席にビクターが現れて「俺もお別れ。この先は禁じられてる」と言って去ります。レイチェルが家に行こうとすると、ジャドの家から「レイチェル」と呼ぶ声とゲイジの笑い声が聞こえたため、ジャドの家に行ってみます。, 玄関で声をかけてみますが、鍵は開いているのに返事がありません。家の中に入ってみると、姉の幻影が出てきて「背骨をねじ曲げてやる」などと叫ばれ、ショックで倒れそうになります。すると、姉の幻影は消えてゲイジが現れ、可愛らしい表情で歩いて来ます。「ママ、いい物があるよ」とメスを見せるゲイジ。レイチェルは我が子を抱きしめようと泣きながら近付きますが、ゲイジにメスで刺されてしまいます。, 目が覚めたルイスはゲイジの足跡を見て「ゲイジ・・・」と喜びの表情になりますが、自分の往診カバンが開けられていてメスがないことに気が付いて「大変だ・・・」と呟きます。レイチェルの父親から電話があり、「娘は無事に着いたかね?」と聞かれ、ゲイジの足跡を見ながら「ええ無事に」と話を合わせます。「エリーがひどく心配してる・・・『夢でママが殺された』と」と言われますが、今は急いでいると言って電話を切ります。, また電話がなり、出てみるとゲイジからでした。「ジャドの家だよ。来て遊ばない?最初はジャドと遊んで次はママと遊んだ。パパも遊ぶ?とても面白かったよ。次はパパと遊びたいな」と言われます。ルイスが「何をした?」と聞くと、キャッキャと笑い出すゲイジ。ルイスは注射器に薬をいれて、ジャドの家に行きます。, ジャドの家の前にいたチャーチを捕まえて注射を打ちます。ぐったりと動かなくなったチャーチに「死んじまえ!」と叫ぶルイス。ジャドの家の中は荒れ果て、怪奇な空間に変わっていますが、階段に落ちているレイチェルのハイヒールを拾った瞬間に元の家に戻ります。, 楽しそうなゲイジの声が聞こえ、ルイスは注射器を手にして「遊ぼう」とゲイジを探します。寝室のベッドの下を見るとジャドの無残な遺体があり、ショックを受けます。別のところを探すために廊下を歩いていると、天井裏からレイチェルの遺体がぶら下がり、ゲイジが邪悪な顔で笑いながらルイスに飛びかかってきます。, ものすごい力で噛みつかれた上に、メスで何か所も切られ、堪らずゲイジを投げ飛ばすルイス。床に倒れたゲイジは「パパ・・・」と一生懸命小さな体で起き上がり、メスを持ってまた唸りながら近付いてきます。「おいで・・・」と言って愛しいゲイジの首に注射を打つと、注射の痛さに泣き出すゲイジ。「ずるい。すごくずるい」と言ってよろめきながら歩いて座り込み、やがて動かなくなります。, 悲痛な表情で呆然とするルイス。ルイスはジャドの家に油を撒いて火をつけてから家を出ます。家もゲイジも炎に包まれていきます。ルイスはレイチェルを抱きかかえてミクマク族の埋葬地へ向かいます。必死に止めるビクターに「ゲイジの時は待ち過ぎた。だがレイチェルはうまくいく。死んだばかりだ」と言うルイス。, ルイスは家に戻ってトランプをして待っていると、レイチェルが玄関のドアを開けます。ルイスは、血だらけでゲイジにかじられて片目がないレイチェルを嬉しそうに見てキスをします。レイチェルはキスをしながらテーブルの上にあったナイフを持ちます。そしてルイスの叫び声が響き渡るのでした。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. 多数映画化され、 「キャリー」 「シャイニ … 【ペット・セメタリー】をご紹介いたします! 1989年に公開された同タイトルのリメイク版として. 映画ペット・セメタリーの簡単なあらすじとキャストの紹介. 映画『ペット・セメタリー』を観た人の感想、評価、口コミ ※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆ 下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!! 『ペット・セメタリー』観賞。 原作および89年の映画とは一点大幅に異なる改変をして、

ビオレ 歴代 Cmモデル, 鬼滅の刃 カラス セリフ, ミス シャーロック 手塚, 美容院 相場 女, 宇部線 途中 下車,