住宅ローンは一度借りたらずっと同じ条件で返し続けなければいけないと思っている人も少なくないかもしれません。でも、金利の変更や繰り上げ返済など、借りたあとにローンを見直す方法はいくつかあります。なかでも最も大胆な見直し方法が「借り換え」でしょう。 「住宅ローンを借り換えたいけど、どこがいいかわからない」 「借り換え先を選ぶ際のポイントを知りたい」 そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。 繰上返済を行うのが一般的です。 è¿”済額を減らすための見直し方法を「借り換え」と言います。このページでは、住宅ローンの借り換えについて、わかりやすくご紹介します。 住宅ローンの借り換え、どこを比較すればいい? 住宅ローンの借り換えにおいて、一番のチェックポイントは金利です。 住宅ローンの借り換えで贈与税が発生するケースがあることはご存知でしょうか? 住宅ローンに限らず、贈与税について詳しく知らない人は知らないうちに脱税してしまう可能性もあるので注意が必要になります。 ただし、贈与税は対策をすれば回避することも可能です。 1 住宅ローンの借り換えどこがいいのか考える前に大事なことは「自分の家庭の状況」 2 【実例】住宅ローンの借り換えを「金利が低い」だけで選んで失敗した話; 3 住宅ローンには「期間短縮型」と「返済額軽減型」がある. もくじ. 借り換えして住宅ローン返済が減ったら、毎月ちょっと楽になりますし、なにより将来の教育費の不安が減りますよね。, 家庭の状況に合っていない住宅ローンの借り換えをしてしまうと、思わぬ問題が起きたりします。, 借り換えで失敗しないように注意するポイントや、どんな借り換えをしたら家族の生活が楽になり、将来の不安が減るのかついてお話します。, 住宅ローンの借り換えで「どこがいいのかな?」と思うよりも前に大事なポイントとはズバリ、あなたのご家庭の状況です。, 子どもたちはどんどん大きくなり、塾や習い事も増えるし、今後、外壁や台所のリフォームも考えないといけなくなるでしょう。, なので今後、家族が変化し、今よりお金が必要になった時に、住宅ローンが支払えなかったら、どうなると思いますか。, 今までは問題なくても、今後、今と同じ返済額だったら、支払いが苦しくなる可能性もあります。, なぜそんな話をするかというと、実際に借り換えをして問題が起きた知人を知っているからです。, しかし、なぜか生活がだんだん苦しくなり、毎月の住宅ローンが支払えなくなったのです。, それは、借り換えた時期が、子ども2人が高校・中学へと入学し、教育費がかさむようになった頃だったからです。, 彼女は、金利が低いことばかりに目が行き、今までと同じローン支払いで大丈夫と思っていたのです。, 「期間短縮型」とは、「期間を短縮する」ということなので、毎月の支払額はそのままで、ローン支払いの年数を短くする方法です。, 期間は短縮して25年後に支払いがゼロになっても、子どもたちの教育費という、一番お金のかかる時期を乗り越えられなかったのです。, 「返済額軽減型」とは、「返済額を軽減する」なので、ローン支払いの年数はそのままで、毎月の支払額を減らす方法です。, 彼女は毎月増える教育費で苦しかったのに、なぜ返済額が軽減する方を選ばなかったのか。, ローン総額が減るので、毎月のローン金額を支払えるなら、「期間短縮型」の方が有利です。, 浮いた2万円は、増える塾代や教育費に充てられるので、何とか乗り切れたかも知れません。, そして、子どもが巣立った後でも、ゆっくりと8万円ずつ返済していたら、そのままずっとマイホームで暮らしていたかも知れません。, しかし彼女が、住宅ローンをきちんと支払い続けられる方法を選べなかったのは事実です。, 知人の例では、増え続ける教育費だけが問題のように言いましたが、他にも考えるポイントはたくさんあります。, 例えば、ご主人が転職を考えていた場合は、早めに借り換えをしないと審査に通らない可能性もあります。, また、リフォームを考えているなら、リフォームだけ新たにローンを組むよりも、一緒に借り換えをした方が金利は低くて済むので嬉しいでしょう。, 借り換えをして、たとえ金利が上がったとしても固定金利へと変更すれば、毎月の支払金額がずっと変わらない方が安心、と思うことだってあります。, なので、ローンの借り換えも大事なポイントは人によって違うので、あなたの家庭に合わせた借り換えをする必要があります。, この状態であれば、実際に借り換えの相談をすることで、どれくらい安くなるのか分かります。, リフォームであれば、借り換えと一緒に借りてしまうことで、リフォームローンを組むよりも安くなるでしょう。, このように色々と考えることが多い住宅ローンなので、1人で考え込まずに、誰かに借り換えの相談をできたら良いですよね。, しかし、ネット銀行並の低い金利を保ちつつ、直接借り換えの相談をできる店舗があります。, ここは、住信SBIネット銀行の住宅ローンを取り扱っているので、金利水準は大手銀行よりも低くなっています。, また、店舗で相談すれば、自分の借入状況を話すことができ、借り換えた場合に得する金額を直接教えてもらえます。, 多くの方が実際に借り換えをシミュレーションしてみて、今の住宅ローンで問題がない場合は、ほっとして帰られています。, 借り換えたほうがメリットがあると分かったら、そのまま借り換えをお願いもできるので、ネット銀行で全て自分で手続きをするよりも楽に借り換えができます。, また、金利上乗せなしで団信・全疾病保障が付帯されるのも、ネット申し込みではない魅力です。, 相談は無料なので、とりあえず店舗に行ってみて、実際自分の借り換えがどれくらい得なのかを聞いてみるのも良いですね。, 「ミスター住宅ローン REAL」の基本的な説明だけを聞きたい場合は、住信カスタマーセンターに電話するのがおすすめです。, というか、電話をかけてもなっかなか出ない上に、繋がっても店舗への予約をするだけなので、電話の意味はあまりありません。, でも来店して、実際に会って自分のローン状況を話した方が、本当に借り換えて得なのかきちんと教えてくれますよ。, 土曜日も営業しているのですが、土曜日は予約がすぐに埋まるので、早めに押さえた方がおすすめです。, 「ローンを滞納させたことがある=住宅ローンも滞納させるかも」と思われてしまいます。, ですので、借り換えをする場合は、これらの条件になるべく引っかからないようにしましょう。, また、住宅ローンを借り換えしたら得すると思われますが、損してしまう場合もあるので要注意です。, 住宅ローン控除の要件は色々ありますが、借り換えで支払期間を10年以内にしてしまうと、住宅ローン控除要件から外れてしまいます。, ※もちろん既に10年経って、住宅ローン控除が終わっている人は、もう控除できないので10年以内でも問題ありません。, 今の火災保険の方が良ければ、そのまま使うことも出来ますし、新しい方に変更したとしても、今までの払込分は返金してもらえます。, 住宅ローンの借り換えをしたほうが良い話を書いてきましたが、実際に借り換えた場合にはデメリットもあります。, 借入額で変わりますが、1000万円~5000万円未満だと2万円。5,000万円以上なら6万円かかります。, ちなみに「紙の書類」と書く理由は、ネット銀行などのWEB借り換えだと紙の書類がないため、書類がデジタルだと印紙税はかかりません。, 借り換えるということは、今の銀行に住宅ローンを全額支払うことなので、今の銀行側で繰上手数料を取る場合もあります。, これは「住宅ローンが支払えなくなったら、このマイホームは銀行(や保証協会)のものですからね」という権利です。, 確かに、借り換えと言っても、住宅ローンを最初に借りた時と同じくらいの手間がかかります。, まずは書類を揃えて仮審査を受け、それが通ったら、更に必要な書類をかき集めコピーを取り、リフォームもしていれば、借り換えと同時に完了してる必要もあります。, なので、借り換えることで、どれくらい得になるのか、生活がどれだけ変わるのかがイメージすると違います。, また、ネット銀行のWEB借り換えだと全部自分で書類整理をしないといけませんが、来店型での借り換えだと、職員の方が一部行ってくれるので、自分で全部するよりもはるかに楽です。, 例えば戸建ての借り換えだと、必要書類を集めるだけで100ページ超のコピーが必要になりますからね。, 銀行に相談するな!金利が低いところを自分で調べて借り換えるのが一番お得!という人もいます。, 借り換えをするのは自分の責任ですが、人に話すことで、思いもしなかった不安やリスクに気づくことだってあります。, 実際、私の知人は、1人で誰にも相談せずに借り換えをしてしまったので、住宅ローンが支払えずにマイホームを手放しました。, これが、誰かに相談していたら、もしかしたら毎月の返済額軽減型を選び、住宅ローンをきちんと支払えたかも知れません。, 借り換えをして期間を短くするよりも、毎月の返済額を減らすことで、子どもの教育費がかさむ時期を乗り越えられる場合だってある。, あの時、もっときちんとした所に相談して、今後の生活費の上昇を考えて住宅ローンを見直しておけば、また違った未来があったかも知れない。, しかし、今後の金利が増えることで将来も支払えるか不安で仕方ないなら、全期間固定金利を選ぶことで、安心することもあります。, すべて自分でするということは、頭が割れるように痛いのに、病院に行かずにドラッグストアで頭痛薬を飲むようなもの。, だからこそ住宅ローンの借り換えは、もっと真剣に選んだほうが安心ではないでしょうか。, 住宅ローンの借り換えを相談するなら、「金利が低く、かつ、相談に乗ってくれる銀行」を探すのが一番です。, と思われそうですが、SBIマネープラザは「住信SBIネット銀行」の住宅ローンを扱っています。, 「住信SBIネット銀行」は、金利の低さでは1.2を争うネット銀行ですが、文字通り「ネット銀行」なので、通常は店舗を持ちません。, しかし、実際に自分の場合だとどれくらい安くなるのか、自分にはどんなプランにしたほうが良いのかを、自分の住宅ローンの資料を見比べながら、対面で相談することができます。, 確かに来店型のSBIマネープラザでは、住信SBIネット銀行のWEB商品よりも、0.01%ほど金利が高いです。, そうは思えず、自分で全て決められる方なら、金利の一番低い、WEB商品を申し込んだ方がお得です。, SBIマネープラザでは、金利上乗せなしで団信・全疾病保障が付帯されるのも、ネット申し込みではない魅力です。, ただし一つだけ残念なのは、WEB申し込みと違って印紙代(2万円程度)がかかってくることです。, 「ミスター住宅ローン REAL」の説明だけを聞きたい場合は、住信カスタマーセンターに電話するのがおすすめです。, というか、電話をかけてもなっかなか出ない上に、繋がっても店舗への予約をするだけなので、さっさと来店予約をして、実際に話を聞いたほうが早いと感じました。, また、SBIマネープラザは電話での相談は一切行っていませんので、商品説明を聞きたい場合は住信カスタマーセンターに電話するほうがおすすめです。, WEBなら、開いている日時が表示されますので、ご自分の都合に合わせて予約ができます。, 夜は18時まで、また土曜日も営業しているので、ご夫婦の休日に相談に行きたい場合は土曜日がおすすめです。, 相談したからと言って、絶対に借り換えをしないといけない訳ではないし、相談した後、本当に借り換えをしたいと思った時にだけ連絡をすれば良いので安心です。, 人によりますが、借り換えで300万円ほど得する場合だってあるので、将来の学資の心配も減るかも知れませんよ。, 結婚後230万円の大赤字の主婦が9年で3,000万円貯めた経験から、お金に関するお得な情報を発信しています。, LINEでは「ブログにかけない節約方法や副業」についての限定記事やお得情報を発信中。. ョン・計算、基礎知識やキャンペーン情報などさまざまな視点から住宅ローンを比較・検討できます! Sorry, you have Javascript Disabled! 住宅ローンの金利は交渉で引き下げることができる. ・お得なポイ活 ここ数年は超低金利の影響が大きく、住宅ローンの借り換え(乗り換え)を検討する人が多くなってきました。そこで多くの人がやってしまう大きな間違いが担当者への相談です。, 住宅ローンの借り換えを検討するなら、知識が豊富な専門職の人に相談した方がいいと考えてしまう気持ちは分かります。しかし、住宅ローンの借り換えで一番やってはいけないのが、担当者への相談です。, 今回は住宅ローンの借り換え相談を、何で担当者にしてはいけないのか、その理由について解説していきます。, 住宅ローンの借り換えを検討している人は、最後までよく目を通してもらい、相談自体が百害あって一利なしな行為であることをよく理解してください。, その気持ちはよく分かりますが、この相談だけは絶対にやってはいけません。これは現在借入している金融機関の担当者に限った話ではなく、下記への相談も同様です。, 良かれと思ってする相談には、借入者にとってメリットどころか、大きなデメリットを生むことになってしまいます。, それではどのようなデメリットがあるのかを、相談先ごとに機あ設していくので、シッカリと目を通してもらい、どのようなデメリットがあるのかをよく理解してください。, まず絶対に止めて欲しいのが、現在借入している金融機関の担当者への相談です。住宅ローンの借り換えを検討している人が、真っ先に思い浮かべる相談先は現在借入している金融機関の担当者でしょう。, しかし、ここで考えて欲しいのが、住宅ローンの借り換えをされた金融機関のスタンスです。住宅ローンの借り換えは金融機関にとって、将来得られる利息を取り逃してしまうマイナス行為でしかありません。, よって、現在借入している金融機関の担当者に相談してしまうと、全力で住宅ローンの借り換えを阻止されることになってしまいます。金融機関にとって住宅ローンの借り換えは、何としてでも全力で阻止しなければならないことなのです。, そのため現在借入している金融機関の担当者に相談してしまうと、「金利を引き下げるので、このままうちで借入を継続してください。そうすれば借り換えの諸費用も掛からないので、相対的に見れば絶対にお得です!」といった営業トークで丸め込まれてしまうことになってしまうでしょう。, この金利引き下げは、借り換え後の金利には敵わないため、十分なメリットを得ることはできません。しかも、担当者からの引き留めに遭ってしまい、無駄な時間や労力を使うことになりますし、断る際の精神的ストレスも掛かってしまいます。, そこではまずは、現在借入している金融機関の担当者に相談すると、何で執拗な引き留めに遭ってしまうのか、その理由について分かりやすく解説していきいます。, 金融機関の収益の大部分は融資を行い、そこから得られる利息収益になります。そのため、現在借入している住宅ローンを借り換えされてしまうと、将来得られる利息収益全てを失うことになってしまうのです。, 民間金融機関は営利目的で活動している企業ですから、収益を上げることが一番の目的ですから、収益が減ることに対しては寛容ではありません。, 特に住宅ローンは通常のローン商品よりも低金利ではありますが、返済期間が長期にわたるため、金融機関が得られる利息収益は高額になります。実際に下記条件で借入した際の利息収益を簡易シミュレーションしてみましょう。, 住宅ローンの借り換え時期の返済期間によって、失う利息収益には違いがありますが、このように高額な利息収益を失ってしまうことになるのです。, となれば金融機関が是が非でも、借り換えを阻止しようとしてくるのは当然のことですよね。, 銀行をはじめとする金融機関は、収益を得るために活動しています。そのため、収益を得るために下記のように各部門でノルマが設定され、収益を追いかけています。, よって、住宅ローンの借り換えは銀行全体や支店だけでなく、担当者個人にとっても人事評価を著しく低下させるデメリットを生じさせてしまうのです。, そんなデメリットを被ることになる担当者に住宅ローンの借り換えを相談すれば、何としても阻止しようとしてくるのは当然の話ですよね。, 以上のように現在借入している金融機関の担当者に、住宅ローンの借り換えを相談したとしても何1つ良いことはありません。泣き落としに遭って、住宅ローンの借り換えができないこともあるでしょう。, そうならないためにも、住宅ローンの借り換えを検討する時は、絶対に現在借入している金融機関の担当者には相談しないようにしてください。, 現在借入している金融機関の担当者がダメなら、他行の相談会やファイナンシャルプランナーへの相談ならいいのではと考える人もいるでしょう。, しかし、このケースも現在借入している金融機関の担当者へ相談するのと同じく、筆者としてはおすすめすることはできません。, 現在借入している金融機関の担当者へ相談するほどのデメリットではありませんが、住宅ローンの借り換えで得られるメリットを十分に受けたいと考えているならば、他行の相談会やファイナンシャルプランナーへの相談は避けることをおすすめします。, 現在、どの金融機関でも住宅ローン金利は低金利ですが、住宅ローン借り換えで得られる最大のメリットは、この金利差を生かした利息支払額の減額です。, よって、住宅ローンの借り換え先を選ぶ際に、一番重要視しなければならないのが、現在の借入金利と借り換え後の借入金利との金利差になってきます。, 現在の借入金利と借り換え後の借入金利との金利差が大きいほど、多くの利息支払額を減額することが可能です。, そこでよく覚えておいてもらいたいのが、金利が低金利な金融機関がどこかという点です。はっきり言いますが、低金利で選ぶならネット銀行が一番おすすめになります。, 住宅ローンを販売している金融機関の大半は銀行になりますが、その銀行の中でも低金利で有名なのがネット銀行です。, ネット銀行は従来の有店舗型の銀行と異なる無店舗型スタイルのため、下記のように大幅に運営経費を削減することができます。, このように運営経費を抑えられるため、住宅ローンを低金利で提供しても、十分に収益が得られる構造になっています。ネット銀行の住宅ローンが低金利なのは、こういった理由があるからです。, そこで筆者が他行の相談会をおすすめしないのは、住宅ローンの相談会を実施している大半が、有店舗型の銀行ばかりだからです。, 銀行が住宅ローン相談会を実施している理由は1つ。自行の住宅ローン加入者を獲得するためです。そのため相談会に参加しても、すすめられる住宅ローンは自行のものだけで、他行の情報を教えてくれることは一切ありません。, つまり、住宅ローン借り換えで、一番メリットが高くなるネット銀行が紹介されないのです。となれば、相談会で住宅ローンの借り換えを相談しても、何の意味もないのは言うまでもありませんよね。, それならば「一番公平な立場にあるファイナンシャルプランナーへの相談ならいいのでは?」と考える人もいることでしょう。, 確かにここまで話してきた中であれば、相談先としては一番おすすめです。しかし、このファイナンシャルプランナーへの相談もあまりおすすめはできません。, ファイナンシャルプランナーはライフスタイルに合わせた資産運用の相談に乗ることで収益を得られる資格ですが、副業として住宅ローンや各種保険の勧誘を行うところが少なくないのです。, 自分が提携している住宅ローンや保険に加入させることで、マージャンを得ています。そのため決まった住宅ローンしか紹介してきませんし、保険の勧誘をされるリスクも考えられます。, しかもファイナンシャルプランナーは住宅ローン借り換えに対して、深い知識を得ていないところも少なくありません。最近は住宅ローンの借り換えを専門に扱うファイナンシャルプランナーも出てきていますが、全体的に見ればそれほど多くはないのです。, よって、ファイナンシャルプランナーへの相談もおすすめできるとは言えません。相談するファイナンシャルプランナーが知人であれば、このリスクを避けることもできるでしょうが、基本的には避けることをおすすめします。, ここまでの話をまとめると、住宅ローンの借り換えは、専門家と称する業種に携わる人への相談はおすすめできません。じゃあ、どうすればいいのということになってきますよね。, ですが基本的に住宅ローンの借り換えを相談する必要ありません。その理由は専門家に相談しなくても、自分でメリットの高い借り換え先を選ぶことができるからです。, しかし、そう言われても自信がないという人は多いことでしょう。そこで安心して自分で住宅ローンの借り換え先を探してもらうためにも、そう断言する理由について解説していくことにします。, まず最初に挙げられる理由は、住宅ローンの借り換えを検討している人が、住宅ローンの借入初心者ではない点です。, 専門家とまでは言えませんが、一度自分で住宅ローンの借入を経験しているのですから、ある程度の知識は備わっていることでしょう。, 借り換えだからといって、その方法が新規借入と大きく異なるわけではありません。今更専門家に相談しなくても、前回得た知識と金利動向さえ把握しておけば住宅ローンの借り換え検討は自分だけで十分に行えます。, ここまで何度も言ってきましたが、住宅ローン借り換えの最大メリットは、金利差で得られる利息支払額の減額です。, そこで重要になってくるのが、金利差によって生じる利息支払額の計算ですが、下記項目を把握できてさえいれば、自分で計算することができます。, 上記条件を確認して、下記計算式に当てはめてやれば、利息支払額がどれだけ減額されるのかを簡単に算出できるのです。, 現状借入金利による完済時の総返済額-(借換金利による完済時の総返済額+各種諸費用(保証料・事務手数料・登記費用等)), また、計算はWEB上で用意されている、下記シミュレーションを利用すれば、さらに簡単に計算可能です。計算はものの数分と掛からないので、手計算よりもこちらの方をおすすめします。, 以上のように、一番重要になってくる借入計算も専門家の手を借りることなく、自分で正確な金額を算出可能です。これなら自分でも大丈夫だと思われた人も多いのではないでしょうか。, 自分で簡単に計算できるのですから、わざわざ専門家の力に頼る必要はないというわけですね。, 住宅ローンの新規借入では、金融機関からの融資タイミングが重要になります。借入できなければ物件購入が白紙になるケースも出てくるので、金融機関とのやり取りは密に行う必要があるでしょう。, そのため、専門家の力を借りて、できるだけスムースに契約を進めなければなりません。しかし、住宅ローン借り換えでは、このようなタイムリミットの心配は無用です。, 住宅ローンの借り換え時期が延びたとしても、特別な事情でもない限り、デメリットが生じることはありません。十分に時間を掛けて、自分の判断のもと住宅ローンの借り換え先を選ぶことができます。, 契約時期が延びて、金利が上がったらどうするんだという人もいるでしょう。しかし、今の金利動向を見れば、契約時期が数か月先に延びたからといって、金利が急上昇する可能性は皆無です。(*2020年3月現在の金利動向), 安心して住宅ローンの借り換え先を選んでもらって結構ですから、自分で納得いくまで借り換え先を選ぶようにしてください。, 以上のように住宅ローンの借り換えを検討する際は、専門家の力に頼る必要はありません。自分1人で検討したから、住宅ローン借り換えに失敗することもないでしょう。, しかし、自分だけで検討する際に注意してもらいたいのは、金利タイプの変更です。下記のように同じタイプでの借り換えならば心配はありません。, ですが、下記のように全期間固定金利から、違うタイプへ借り換える場合は、慎重に検討することをおすすめします。, 将来的な金利上昇により、借り換え後の方が利息支払額が多くなってしまう可能性が出てくるからです。, 全期間固定金利と変動金利とでは、下記のように1.00%を超える金利差が出てきます。そのため借り換え時に利息支払額をさらに減額しようと、全期間固定金利から金利タイプを変更する人も少なくないのです。, しかし、先に話したように、変動金利には将来的な金利上昇リスクが伴います。そのため全期間固定金利から変動金利に変更すると、金利上昇に伴う利息支払額の増額リスクが大きくなってしまうのです。, 実際に金利が急上昇したとしても、金融機関が引き上げられる金利に上限が定められているため、金利上昇のあおりを全て被るわけではありません。ですが、金利上昇が継続していけば、最終的に借り換え前の方が条件が良かったというケースも出てくるでしょう。, 変動金利はそのあおりを一番食うことにななります。その心配が全く無い全期間固定金利から変更する場合には、この金利上昇リスクをよく納得した上で借り換えるようにしてください。, 近年は一定期間だけ金利を固定した当初固定金利を、設けている住宅ローンが多くなってきました。, 固定期間は2年から35年までで、金融機関によって用意されている期間タイプが異なります。この当初固定金利の良いところは、下記のように固定期間内は金利変更がなく、全期間固定金利よりも低金利が適用される点です。, 三菱UFJ銀行のように変動金利よりも、低金利の適用が受けられるのは、借入者にとっても大きな魅力となってくるでしょう。, しかし、注意して欲しいのは固定期間後は変動金利が適用される点です。期間終了後は先の変動金利と同じく金利上昇リスクが生じるので、この点はよく理解しておく必要があります。, 全期間固定金利から変動金利、もしくは当初固定金利に変更すれば、さらなる利息支払額の減額が実現できます。ですがこのメリットを受けるためには、金利上昇リスクが伴うことを覚悟しておく必要があるのです。, 将来的な金利上昇や上昇幅は正確に予測することはできません。ですがこれ以上下がることはないだろうという低金利状態であれば、後は下がることはなく上がるだけなのは明白です。, 借り換え後に存するのは嫌だという人は、将来的なリスクがない全期間固定金利からの金利タイプ変更は止めて、同じ全期間固定金利での借り換えを選択することをおすすめします。, 借り換えで最もメリットを生み出す、低金利な住宅ローンの特徴を分かりやすく紹介するので、借り換え先を選ぶ際の参考にしてください。, 公式サイトを添付しているので、気に入った住宅ローンがあれば、詳しい情報を確認してみてくださいね。, 最初に紹介するのは三菱UFJ銀行が販売している「ネット専用住宅ローン」です。この住宅ローンは有店舗型の三菱UFJ銀行のものですが、ネット専用の住宅ローンのため、ネット銀行と変わらない低金利を実現しています。, 店舗で販売されてる住宅ローンとは全く申込条件が異なる、ネット銀行並みの好条件のため、今回一番おすすめしたい住宅ローンです。, 特に注目してもらいたいたいのは、当初固定金利の低さです。3年と10年しかありませんが、業界トップクラスの低金利を実現しています。3年は変動金利よりも低く、10年は変動金利とほぼ変わりがない点には驚かされます。, 当初固定金利への借り換えを検討している人には、まさに検討してもらいたい住宅ローンと言えるでしょう。, またメガバンクの住宅ローン審査は厳しいというのが定説ですが、下記の申込条件を見ると、全くその気配は感じられません。, 「ネット専用住宅ローン」に限っては、例外と言えるでしょう。今までは敷居が高かったという人も、安心して申し込むことができる条件です。, 信頼性と安心度の高いメガバンクが良いという人には、絶対に検討してもらいたい住宅ローンですね。, また、心配になる期間終了後の金利は変動金利に切り替わりますが、基準金利から下記の金利引き下げが受けられます。, 審査通過を最重要視するなら当初固定3年がおすすめですが、低金利を望むなら当初固定10年の金利タイプがおすすめです。, 変動金利も低金利ですから、ネット銀行以外を選択するならば、一番低金利の住宅ローンと言えます。詳細情報を知りたい人は、下記をクリックして三菱UFJ銀行「ネット専用住宅ローン」のサイトを覗いてみましょう。, ここからは住宅ローン借り換えで、一番金利メリットを受けやすいネット銀行の住宅ローンを紹介します。, 当初固定金利タイプが多く用意されているので、この金利タイプへの借り換えを検討しているなら、ぜひ候補の1つに加えて欲しい住宅ローンと言えるでしょう。, また、auじぶん銀行の住宅ローンで忘れてはならないのが、申し込みやすさです。ネット銀行は低金利なだけでなく、審査難易度が低いことでも知られえていますが、auじぶん銀行はその典型とも言える住宅ローンです。, 特に年収条件が「安定かつ継続的な収入」のため、有店舗型の銀行では申し込めない人でも、審査に通る可能性は高くなってきます。, 年収がネックになって住宅ローンに申し込めない人には、まさにおすすめの住宅ローンと言えるでしょう。, 2019年12月の「価格.com住宅ローンカテゴリ神機ランキング新規借り入れ(固定金利)、借換え(固定金利)」で堂々の第1位に輝いていることからも、人気の高さがうかがえます。, そして、auじぶん銀行の住宅ローンでもう1点注目してもらいたいのが、下記諸費用が無料なところです。, 特に2つの団信保険への加入が無料な点はauじぶん銀行の特徴の1つです。契約者には大きなメリットになってくるでしょう。, また、auじぶん銀行の住宅ローンは、さらに金利を引き下げることが可能です。じぶんでんきとのセット契約で0.03%の金利値引きが受けられます。さらに好条件の金利適用を受けたいなら、検討してみることをおすすめします。, 住宅ローン借り換えを検討している人は、まずは下記サイトから仮審査申し込みしてみましょう。, 今回紹介するネット銀行の金利は、どれもが業界トップクラスの低金利を誇ります。しかし、このジャパンネット銀行の金利はその中でも群を抜いた低さです。, そして変動金利の低さと共に、注目してもらいたいのが全期間固定金利です。金利1.450%は次に紹介する楽天銀行のフラット35より、低金利なのには驚かされました。, 全期間固定金利への借り換えを検討している人にも、自信をもっておすすめできる住宅ローンです。, またジャパンネット銀行の住宅ローンもauじぶん銀行と同じく、下記のように申し込みやすい条件が設定されている点も見逃せません。, 各条件を見ると、年収制限が設けられており、個人事業主の申し込みができません。そのため、申し込みできる人はauじぶん銀行よりも限られてきますが、一般的な住宅ローンよりは申し込みやすい住宅ローンです。, 低金利で申し込みやすい住宅ローンを探しているなら、ぜひ候補の1つに加えてもらいたい住宅ローンと言えるでしょう。, また、auじぶん銀行ほどではありませんが、下記が無料な点もおすすめしたいポイントです。, ジャパンネット銀行を借り換え先の候補にしたい人は、下記公式サイトで詳しい情報を入手してください。, 最後に紹介するのは、今回唯一のフラット35を扱っている楽天銀行です。全期間固定金利で住宅ローン借り換えを検討しているならば、一番おすすめの住宅ローンになります。, フラット35の適用金利は金融機関によって異なりますが、下記のように楽天銀行は、業界トップクラスの低金利です。審査に通りやすく、低金利な借り換え先と言えるでしょう。, 上記の申込条件では団信加入が原則必要とありますが、団信加入ができない人でも申し込みできます。健康状態に不安を抱える人でも安心して申し込んでください。, フラット35への借り換えを検討しているなら、下記サイトから詳しい情報を確認してみましょう。, 今回は住宅ローンの借り換えで、専門知識を持つ担当者等に相談するメリットがない理由について解説しました。, 借り換えは大きなお金が動くので、誰かに相談した方が確実だと思っている人は多いことでしょう。しかし、担当者等への相談は百害あって一利なしなのが実情です。, 自分一人で借り換えを決めるのは自信がないという人もいるでしょうが、今回解説したように住宅ローンの借り換えはそれほど難しい作業ではありません。, 今回解説した内容を参考にして、住宅ローンの借り換えメリットを最大限、発揮できる取り引きに挑戦してみましょう。. 住宅ローンの借り換えをどのタイミングで行えばいいのかよくわからないですよね。実は、住宅ローンの借り換えにはベストなタイミングがあります。そこで、住宅ローンの借り換えで失敗しないために、最適な借り換えのタイミングについて解説いたします。 1 住宅ローンの借り換えはいつからOK? 支払いスタートすぐでもいい? 2 住宅ローン借り換えはこんなとき出来ない!. ©Copyright2020 女性マネー部.All Rights Reserved. 住宅ローンのペアローンに関する借り換えの3つのケース ペアローンに関する借り換えが必要になるケースには以下の3つが考えられます。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 金利のいい金融機関に借り換えたい場合 住宅ローンの金利は2020年現在、変動金利で0 è¿”済額を減らしたい. 日銀のマイナス金利で、住宅ローンの金利が下がっています。比較検討すると、さらにあなたが借りる住宅ローンがお得になりますよ。変動金利とフラット35でおすすめの銀行を比較しまとめました。 住宅ローンを借りるのが不安?お得な住宅ローン商品は?ある銀行で審査に通らなかったのだが?住宅ローンの借り換えは?など誰に聞けばいいのかズバリお答えします。 などを発信しています。 期金利の動向と、2020年の住宅ローンの金利動向について、解説したいと思います。 最新の住宅ローン金利をもとに、どの住宅ローンがお得なのかを詳しく解説します。これからマイホームを建てる予定の人や、住宅ローンの借り換えを検討している人は是非参考にして下さい。 住宅ローンを返済する際、借り換えや繰上返済などを行うこともあるでしょう。借り換えを行った場合、住宅ローン控除が適用される場合は、年末調整で対応することになります。住宅ローン控除が全額適用されない場合についても解説します。 住宅ローンを借り換え(乗り換え)るならどこがいい?ランキング形式でおすすめ銀行を紹介! それでは最後に住宅ローン借り換えに最適な、おすすめ金融機関を紹介します。 ・かんたん家計簿の付け方 金利が低い今のうちに住宅ローンを借り換えた方が得だと友人から教えてもらいました。 友人に聞いても、詳しいことは分からないようです。ネットで見たのでしょうか。 詳しく教えてもらうには、どこに行けばいいのでしょうか? 住宅ローンを借りるとき、「住宅ローンはどの銀行がおすすめなのか?」と考える人は多いだろう。しかし、それでは本当にお得な住宅ローンを選べない可能性がある。住宅ローンを初めて借りる人のために、銀行や商品の選び方が分かる5つのポイントを確認しておくことをおすすめする。 夫・息子(3歳)・猫の4人暮らし。 LINEもやってます!, 【初心者向け】住宅ローンの銀行の選び方の4つのポイント!金利が低いだけで選ぶと問題が起きる場合も!?, GRL(グレイル)の通販はいつ届く?実際にかかった日を調べました【予約商品には注意点も】, GRL(グレイル)って危ない?なぜ安いの?評判・口コミ・安全性を徹底調査【公式よりお得に登録できる方法も掲載】, GRL(グレイル)冬の福袋(1999円)の中身を大公開!辛口評価しました【お得?アラサーでも使える?】, 【月30分で家計簿ができる!?】初心者でもかんたん!自作の「手書き家計簿ノート」の作り方【書くだけでお金が貯まる!】, 【週1回10分でできる】初心者向けの「ざっくり家計簿」の書き方!【ノートを使って予算内でやりくりする方法】. 住宅ローンの借り換えはどこで相談できる? 住宅ローンの借り換えの相談先については、以下のようなものが挙げられます。 住宅ローンに申し込む際、なんでで審査に落ちたか分からない。そう言う人は少なくありません。しかし住宅ローンの審査... マンションや一戸建て住宅、土地などの不動産を売却する場合、よくあるケースは新しい物件への買い換えです。しかし、... 不動産の売買はトラブルがつきものです。特に不動産の売主は売却後も買主に対して責任を負う必要があるため、入念な準... 築年数が経過すると不動産の価値が低下することは、何となくイメージできると思います。しかし実際にどのような曲線を... 理由は様々ですが家を売却したいという人の中には、早期売却を必要としている人が少なくありません。 早期売却が必要... マンション売却では確定申告が必要だったという人もいれば、確定申告なんて必要なかったという人もいます。 一体どち... 持ち家があると、毎年必ず支払い続けなくてはいけない固定資産税。不動産の相続や住み替えなどにより、家売却を考えて... 離婚や住替えなどの理由から、家を売りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 家の売却はバッグなどを質屋... 家を売るとき「1円でも高く売れればいいな~」という思いは誰でもあるのではないでしょうか。家の売却で重要となるの... 「少しでもいいからマンションの売却価格は高い方がいい!」売主の多くはこう願っていますよね。 不動産が査定した額... 住宅ローンで憧れのマイホームを購入したけど、途中でローン返済が苦しくなってしまった、なんて話は珍しいことではあ... 住宅ローンは低金利商品ではありますが、何十年にもわたる返済となるため、できるだけ返済額は安くしたいところです。... 不動産売却で得られた売却益には、所得税をはじめとする、税金の支払い義務が発生します。 そしてこれは建物や土地の... 住宅ローンを借り換え(乗り換え)るならどこがいい?ランキング形式でおすすめ銀行を紹介!, 中古マンション引き渡しの流れ|よくあるトラブルや平均期間、引き渡し後にやることも紹介. See instructions, FPのけいです。 今後住宅ローンを組む予定の人であれば、絶対に知っておくべきおすすめの住宅ローンを紹介していきます。不動産のプロがおすすめする「間違いない住宅ローン」がわかります。 い間低金利が続いています。住宅ローンを契約した時よりも金利が低くなっていたとしたら、「借り換えをするとお得になるのでは?」と考えている人もいるのではないでしょうか。 主要銀行・約600件の借り換えローンを金利・節約額で比較!住宅ローン 借り換えで最も得するローンと節約額がすぐにわかります。借り換え人気ランキングや評判、専門家のアドバイスも多数掲載、住宅ローンの借り換えなら価格.comをチェック! To see this page as it is meant to appear, please enable your Javascript! 結婚後【230万円の大赤字】だったダメ主婦が、9年で【3,000万円】貯めました。 住宅ローンの借り換えでお得になるということはよく耳にしますが、いざ借り換えようとすると分からない事が多くありますよね。この記事では借り換えでお得になるポイントや住宅ローンの選び方、メリット・デメリットを分かりやすく解説しています。 ったら価格.comで人気ランキングを確認しましょう。金利種類別に確認できるので、あなたにぴったりの住宅ローンのプランを比較・検討することができます。 現在住宅ローンを返済中の人は、是非とも借り換えを検討してみるといいでしょう。 利息の軽減効果が期待できるかもしれません。 また、過去に借り換えを実行したことがある人も、2回目、3回目の借り換えを検討してみてください。 こんにちは、管理人のサトウです。 今回は住宅ローンを借り換えるときの流れと手順を順番に解説していきたいと思います。 固定金利がいいのか変動金利がいいのか、本当に借り換えたほうがお得なのか、住宅ローン控除はどうなるのか、な・・・ ¡æ²³ç¯„明氏のコメントを交えてお伝えします。住宅ローンの審査に申し込む前にぜひ熟読してください。 ・初心者向けの投資方法 ・無理しない節約術 「住宅ローンはどこの銀行が人気なのだろうか」 近年はネット銀行が増え、住宅ローンの借入先も充実しているため、どこから融資を受けるか悩む人も多いのではないでしょうか。 住宅ローンを検討する際は、銀行ではなく金利タイプで選ぶことがポイント。 住宅ローンの借り入れ、もしくは借り換えを決めたものの、「本当にこれでいいの?」と考えて私のところに相談にいらっしゃるお客さんがいます。 そんな時、私は必ず「金利の交渉をしましたか?

Switch Usbスピーカー 設定, ベース 開放弦 ミュート, 上野動物園 入園料 値上げ, エチオピア コーヒー 貧困, ライフプラン 書き方 大学生, フォレオ枚方 映画 料金, 一人っ子 割合 増加, 103万 学生 バレない マイナンバー, コナン 大阪府警 有 能, ランディ ローズ 身長, 羽生結弦 世界選手権 2017 日本語,