日系メーカーにも大問題となる! 米バイデン政権になったら自動車産業はどうなるのか!? 【スクープ】この一冊で2021年の新車がすべてわかる!! |ベストカー1月26日号, 2020年も多くの人気車、注目車が登場したが、2021年も多くの新型車が予定されております。年末号恒例の、翌年の新車カレンダーをずらり紹介。ステイホーム中にじっくりと、来年の新型車を眺めてすごしましょう。  巻頭スクープが盛りだくさんなだ…. 【フルモデルチェンジ】三菱:デリカd5 【発表時期】 2018年11月 【発売時期】 2019年2月 【詳細記事】 三菱 新型デリカ d5 (d6) 2018 【新型情報・発売日・スペック・価格】 もともと次期デリカd:5のフルモデルチェンジは2017年度と予定されていた。 それは、以下の2015年度第3四半期 決算説明会の資料でも記載されている。 プリウスのフルモデルチェンジは2021年?自動運転搭載の次期モデルはsuvになる可能性も; ヴェゼルのフルモデルチェンジは2021年5月頃か 1.0lターボやe:hevハイブリッド搭載; プリウスの純正タイヤサイズとホイールサイズ~各世代・全型式の一覧表 デリカd5はどうしてモデルチェンジしないのか? 自動車がモデルチェンジする場合、人気車であればある程度決まった周期でフルモデルチェンジします。しかしデリカは人気があるといってもそんなにバカスカ売れる車ではありません。 次期インプレッサ フルモデルチェンジの時期は2023年と予想する理由. 根強い人気を誇る、日本車のビッグネームのなかで、なかなかフルモデルチェンジをしないクルマが存在する。, そのなかから、フェアレディZ、オデッセイ、デリカD:5の次期モデルのデビュー時期はどうなっているか、迫ってみたいと思う。, 3車種のデビュー時期を見ていくと、フェアレディZは2008年12月に登場しているので、デビューからすでに約12年が経過している。, 2013年11月登場のオデッセイも登場約7年が経ち、2007年1月にデビューしたデリカD:5は約13年と、いずれも長寿車だ。, 現行Z34型フェアレディZの発売は、2008年12月1日だから2020年4月時点で、12年半近くも世代交代していない。直近のマイナーチェンジは2018年3月19日で、この時からでも2年経過している。, 2020年1~3月の月販平均台数は44台に過ぎない。したがって定期的な生産はせず、受注台数がある程度まとまった段階で生産する方式をとっているという。, そして、日産に近い情報筋から聞いた情報によれば、Z34型が2021年にビッグマイナーチェンジを実施する、というもの。, 2018年から開発はスタートしているということで、スカイラインに搭載された3L、V6ツインターボエンジンを搭載するという。同時に内外装にも大幅に手を入れられて、ガラリとイメージチェンジするというのだ。, 最近、ニュルブルクリンクでテストするZ34型が目撃されているが、このビッグマイナーチェンジモデルとみるのが正解だろう。, Zのプラットフォームは基本的にはV37スカイラインとの共通性が多く、VR30DDTTを搭載するのに無理はない。, おそらく304ps仕様とスカイライン400Rの405ps仕様の2タイプが用意されることになるだろう。スカイラインでは7速ATのみの組み合わせだが、Zには6速MTとの組み合わせも期待したい。, マイチェンに向けた開発期間は3年と長いので、シャシーチューニングなどフルモデルチェンジに近い内容だ。, さて、気になる次期Zはどうなっているのか? すでにベストカーでは2017年12月から次期Zの開発がスタートしている、という情報を入手している。, トヨタがBMWと共同でスープラを開発し、市販化した動きに負けていられないということなのだろう。, 最新の情報では、引き続き開発が進められており、エクステリアデザインに関しては、まだ確定的な情報は入っていないという。, ただ、Z33やZ34の流れの延長線上にあり、最近の日産デザインのトレンド、直線基調のエッジが効いたシャープなデザインを採り入れているとのこと。, プラットフォームはスカイラインクーペことインフィニティQ60から流用されるという。, ホイールベースは現行300mm程度短縮された2550mm程度で、全長は4520mm、全幅は1890mmになるもよう。ちなみに全長はスープラ(4380mm)よりも140mm長く、全幅はスープラ(1860mm)に比べ30mm広い。, 搭載されるパワートレインは、純エンジン車ではQ60と同様のいわき工場で作られる3L、V6ツインターボで、ハイパワーバージョンとスタンダードバージョンを用意。パワースペックは405ps/48.4kgmと305ps/40.4kgmの2種類という。, このVR30エンジンは久々の日産オリジナルの新開発ターボユニットで、新型のタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターなどを採用し、レスポンス、燃費性能を向上させているもの。, 現在、これ以外にQX50に搭載されている世界初の可変圧縮比エンジン、VCターボやe-POWER、ピュアEVが検討されている。, トランスミッションは7速ATと6速MTで、サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンク。, FRのみの設定で5つの走行モードを切り替えられる電子制御サスペンションや電気信号でタイヤを動かすダイレクトアダプティブステアリングなどが採用される。, 三菱を傘下に入ったことでランエボとの共同開発……という噂も流れたが、どうやらそれはないらしい。, オデッセイの現行モデル登場は2013年10月31日だった。普通に考えれば6年半が経過しているのでフルモデルチェンジの時期になっているといえる。, ところが2020年11月にはビッグマイナーチェンジを実施すると伝えられている。2020年1月に開催された販売店トップ向けのビジネスミーティングでホンダから明らかにされたのだ。, 具体的な商品内容は明確になっていないが、外観はフロントマスクを中心に押し出しの強いデザインになるのは間違いない。, そのほか。新グレードの設定、ボディカラーの再編、装備の充実、安全対策強化などで商品ラインアップを強化する。ボディパネルはドア部分以外すべて設計変更が加えられる。, フロントマスクはバンパーまで切れ込んだ逆大径グリルと異形横長LEDヘッドランプと左右に配置したフォグランプの組み合わせでよりシャープに高級感を強調した顔立ちとする。, 室内は質感を上げた材質のシートを採用し、大幅なクオリティアップを図る。新しい機能として、ウィンドウ部に手をかざすとスライドドアが開く「ジェスチャースライドドア」が採用される。, パワーユニットは2Lハイブリッドで従来と基本的に同じだが、2020年2月20日にフルモデルチェンジした新型アコードと同様にエンジン、モーター、バッテリーユニットの改良で性能向上と燃費改善を施し、パワフル感と燃料経済性の高次元での両立を図っている。, ガソリンの2.4Lも性能向上が行われる。安全面ではホンダセンシングの最新の進化デバイスを採用し、最上級ミニバンに相応しい仕立てとする。自動ブレーキの作動範囲拡大、検知機能の向上も図る。, オデッセイシリーズの2020年1~3月の月販平均台数は904台で前年同期に比べて40.6%もの大幅なマイナスとなっている。, ただ、このビッグマイナーチェンジによって売れ行きが回復しなければ、モデル廃止に追い込まれる可能性もある。, 2020年11月にビックマイナーチェンジが行われるとなれば、次期型オデッセイの登場はさらに伸び、2022年頃になるかもしれない。, デリカD:5は現行モデルの登場は2007年1月31日と、登場からすでに13年以上が経過している。最近のトピックスは2019年2月15日に、ディーゼル車がビッグマイナーチェンジし、存在感のあるダイナミックシールズ顔に変わった。, いっぽう、従来のフロントマスクを踏襲した2WDの2Lガソリンエンジン搭載車と4WDの2.4Lガソリンエンジン搭載車の販売が2019年12月をもって生産を終了し、現在、在庫販売のみとなっている。, 三菱の公式ウェブサイトには2019年秋ごろから「2019年10月23日以降のご注文につきましては、生産終了により、グレード、カラー、メーカーオプションなどが、お客様のご希望に添えない場合がございます」と記載されていた。, すでに発売から13年経過しているデリカD:5だが、2019年2月に大がかりなマイナーチェンジを行ったばかりで、少なくとも向こう1年以内に新型が登場する可能性は低いだろう。, ただ、前モデル「デリカスペースギア」の販売期間(1994~2007年)を考えても、本来であればモデルチェンジの頃合いとなる。早ければフルモデルチェンジは2022年前半頃が予想される。, 提携する日産とのシナジー効果を最大限に出すために日産セレナとプラットフォーム、パワーユニット、駆動系、トランスミッション、足回りなどの基本コンポーネント、その他のパーツを共用しコストダウンを図る。, ボディパネル、内装、車両としての味付けなどは変えるので、見た目ではまるで異なる別モデルと仕立てになるはずである。, パワーユニットは現行の2.3Lディーゼルターボは改良して引き続き搭載するほか、セレナに積まれているマイルドハイブリッドを改良して移植するだろう。, 自動運転支援のマイパイロットやハンズフリーオープナーの両側スライドアが標準装備される。安全対策のパッケージは基本的にはセレナ用デバイスを進化させて採用すると思われる。, 伝説のYZF-R7が蘇る!! 三菱のミニバンsuvである5代目デリカd5の後継車種「デリカd6(仮称)」の最新情報をお送ります。現行のデリカd5は2017年3月末で、受注が終了することを受け、ビックマイナーチェンジか、フルモデルチェンジか何かしらなのアクションがあることを示唆しています。 カージャパン・インフォ , デリカd:5の次期モデルは超ビッグマイナーチェンジ前を含め現行モデルが十分売れただけに、ないということはないだろう。 三菱が推進しているPHEV+S-AWCをぜひともデリカD:5にも移植してもらいた … スズキが、コンパクトワゴン「ソリオ」のフルモデルチェンジ発売を発表しました。 新世代とし魅力をアップしたスズキ新型ソリオについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 個性派コンパクトの前回フルモデルチェンジは08年。次期型にはe-power搭載も? マーチ:時期不明. 2020年に入って興味深い情報が海外で報じられたことをご存じだろうか。 その内容は、スバルの今後の発売スケジュールに関してのロードマップ画像とされるリーク情報。 三菱自動車は、日産とルノーアライアンスの傘下に入り、会長にはカルロス・ゴーンを迎た事により見事v字回復を果たした。. フルモデルチェンジ後の新型デリカd:5の予想価格は、350万円スタートとなります。 次期デリカ フルモデルチェンジ後の名称はデリカd:6になるのか!? どうしても気になるのが、次期デリカの名称。 -2018, D5, D6, スペック, デリカ, 三菱, 価格, 新型, 新型情報, 発売日, 僕は今デリカD:5に乗っていますが、次のデリカは以前のように車高をハイエースのように高くしてほしいです。そうでなければデリカらしくなくて残念です。ちなみにデリカスターワゴンやデリカスペースギアは僕の憧れでした。, 2013年式アウトランダーPHEVに乗っていますが、現在の車に物足りないのは車内での完全熟睡化です。最近、途中で眠くなるとスーパー銭湯探しになり、ドライブどころの話ではなくなっています。真夏でもエンジン掛けずにヒンヤリ冷房掛けて爆睡できるのが夢です。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 3年落ち200万円以下のお薦め車 22選. 根強い人気を誇る、日本車のビッグネームのなかで、なかなかフルモデルチェンジをしないクルマが存在する。 そのなかから、フェアレディz、オデッセイ、デリカd:5の次期モデルのデビュー時期はどうなっているか、迫ってみたいと思う。 3車種のデ… 三菱 コンパクトミニバン「デリカd:2」フルモデルチェンジ。全長を延長し荷室空間を拡大している。全幅も拡張し、後席のショルダールームや左右方向のヘッドクリアランスを拡大した。 2018年は「デリカ」が登場して50年にあたるので、そこで6世代目が発表される見込みです。, 【関連記事】三菱 新型エクスパンダー 2018 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】, 2018年11月21日から予約受け付けを開始し、2019年2月15日に発売しました。, 今回はビックマイナーチェンジにより新型デリカD:5としてフロントフェイスを大幅に変更しました。, 2017年10月18日に行われた中期経営計画発表会で、2019年度までにデリカD5のフルモデルチェンジを発表しました。, また今進んでいる開発は、日産との提携前から始めているため、三菱オリジナルの開発として進んでいるようです。, 2018年4月に最終モデルが発表された後、2018年12月20日にフルモデルチェンジ(ビッグマイナー)を実施。, 対人保護の関係から、少し縦に間延びしたデザインになり、ミニバンっぽさが増してしまう可能性があるようです。, また、ガソリンエンジンは、エクリプスクロスの1.5リッターターボと、従来のディーゼルなるようです。, 現行車がモデル末期ながら、月1000台のセールスを誇っていて、さらにアクティブギアも大人気なことから、発売は少し遅くなるとの見通しです。, 新型のデリカD5は、2.2リッターか1.8リッターのクリーンディーゼル仕様のPHEVの採用を検討しているようです。, しかし、最近の欧州のディーゼル車離れを受けて、開発の見送りしているようで、アウトランダーPHEVと同じシステムで検討しているようです。, 電動シェーバーと云われてるようですね。確かに4枚刃にみえますが、これはこれでありだと思ってます。ただやはり、ここまでフロントマスクを変えるのであれば、フルモデルチェンジをして全体のバランスも考慮してほしかったですね。, スタンダードの外観デザイン。迫力のフロントマスクはただパーツをべたべた張っつけただけでなく、立体的な造形になっています。, サイドの印象はあまり変わりませんが、フロントのボンネットが旧モデルより高くなっています。, アーバンギアの外観。旧モデルで言うところのローデストにあたると思いますが、それよりもよりミニバンぽく、またラグジュアリー感を出しているようです。ミニバンユーザーや女性受けするのはこちらのデザインかもしれません。, 個人的には、このツートンの配色がマッチしていると思います。バンパーはオプションのものですね。, インテリアは、今まで通りベージュ系とブラック系が選べるのはうれしいですね。ナビは10.1インチあって使い勝手がよさそうです。, プラットフォームは現行アウトランダーのものをベースにするので、つまり現行デリカをベースにするようです。, また別の情報では、2018登場予定の新型RVRが、あらたなグローバルプラットフォームを採用する見通しで、それがベースになると云われています。, その場合はフルモデルチェンジとなりますが、時期的には2020年頃になると予想されます。, 現行車にはないACC(アダプティブクルーズコントロール)や自動ブレーキが付く、「e-Assist」は標準で装備されます。, そもそもデリカD5が登場したときは、5世代目のデリカとして登場しましたので順当にいけば次期モデルは「D6」だったのですが、その後に路線変更して、サイズの小さい順にデリカD2、D3が登場したことを受け、このサイズ順を踏襲するようです。よって新型も「D5」になる見込みです。, エアロバージョンの「ローデスト」は「アーバンギア(URBAN GEAR)」という名称に変更されるようです。, 迫力を感じるデザインですね。このあたりは、アルファード、ヴェルファイアを意識しているのだろうなと思います。その反面、車高が低く見える外観が、デリカらしさを薄めている感じもします。でも、実車を見たら印象が変わるかもしれません。, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54462239.html, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54448329.html, 全体的なシルエットは現行型と変わりませんが、フロントは大胆に、リアは少し変化しているのが確認できます。, https://twitter.com/Mazda_JDM/status/1061922656281288704, どうしてもこの写真だと、のっぺりとした印象になりますが、実際はけっこう立体的とのこと。, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54389160.html, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54321476.html, 写真から推測すると、通常版とローデストと2タイプ存在するようです。それぞれホイールのデザインが異なる可能性があります。, またデザイン的にはエクスパンダーに近いといわれてましたが、ekスペースカスタムに近くなるようです。, おそらく、ダイナミックシールド+エクスパンダーのような上下2段のヘッドライト部+ekスペースカスタムの直線的な4本のメッキグリルといった感じになるのではないでしょうか。, メディア向け試乗会、那須とかそっちの方であるのかもですね!デリカD5 ー アメブロを更新しました#東北道https://t.co/yerVetdTQG pic.twitter.com/YgE6yiUbQp, — ごみしのツイート(中込健太郎の雑記帳的アカウント)#温泉ソムリエ自動車ライター (@kentaro_534) October 14, 2018, やべー!雑誌とかで良くスクープされてる新型デリカD5たくさん運んでた!!笑なんか格好良いホイールだったし、プロトタイプだろうけど、行き先的に近くのサーキットで走り込んでみっちり評価するんだろうな…笑#デリカD5 pic.twitter.com/il5i3REsPu, 【参照】https://www.autocasion.com/actualidad/pruebas/fotos-espia-del-mitsubishi-delica-2019/amp, 【参照】https://www.carscoops.com/2018/06/mitsubishi-tames-delica-minivan-concept-production/, 【参照】https://www.motor1.com/news/229259/mitsubishi-delica-spied-testing/, 写真から推測すると、フルモデルチェンジではなく、現行モデルのビッグマイナーチェンジのようです。, フロントウィンドウにカメラが付いているようなので、安全運転支援システムは装備されているようです。, エクスパンダ―をベースにしたであろう予想CG。エクスパンダ―よりサイズが大きいですから、迫力がありそうです。, 【参照】http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17108242, フルモデルチェンジ前に、マイナーチェンジを実施する可能性があり、2017年11月28日で一旦、現行モデルの生産を止めるようです。, デリカD5のフロントバンパーを、対人保護のための改良を施すためだそうで、それに合わせて一部改良してくるものと思われます。, 具体的にはフロントバンパーの下部を伸ばして、衝突時の巻き込みを防ぐ形状になるとのこと。, つまり、見た目的には、SUVテイストが薄れて、よりミニバンぽくなってしまう可能性があります。, また、安全性を重視するの改良なら、ぜひ安全運転支援機能「e-Assist」を装備も追加してほしいところですが、マイナーチェンジのあとにフルモデルチェンジがすぐに控えているので、これは難しいかもしれません。, フロントバンパーガードのDELICAの文字が無いバージョンのように見えますが、良く見ると専用のデザインになっているようですね。, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/53356262.html, アクティブギアが付けているフロントバンパーガードが標準で装備されるようです。(対人保護の改良も含めて標準になるようです。), ちなみにこのエクスパンダ―のサイズは、全長×全幅×全高:4475×1750×1700mm。, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51783726.html, 【参照】http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-leaks-out-275153, エクスパンダ―は2017年8月10日(木)からのインドネシア国際オートショーで発表されます。, 【参照】http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-new-teasers-274604, こちらは中東アジア市場用モデルのエクスパンダ―のティーザーですが、新型デリカD5へのデザインの影響も少なからずあると思われます。, 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/50698713.html, コンプリートパッケージを装着して、価格は4,120,675円(ディーゼルモデル・MMCS装着車), 【参照】http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51116004.html, 2016年の東京オートサロンで発表された「デリカD5 アウトドア ギア コンセプト」が2017年5月に発表されると噂されています。, 【参照】https://www.webcartop.jp/2016/01/31121, インドネシア国際オートショー2016で発表された7人乗りコンパクトMPVコンセプト「XM Concept」。, デリカD5よりも一回り小さいが、3列シートでSUV長のミニバンであるとのなど類似点が多くあります。, ただスライドドアではないのが、大きな違いの一つでしょうか。また、デリカD5の迫力は出せないように思えます。, ただ、ホンダ・フリードやトヨタ・シエンタがバカ売れしていることから、三菱も日本導入を考えているものと思えます。, ただこちらのモデルは、三菱の編集局ブログによると、2017年にASEAN諸国から先行発売(2017年の秋)となり、日本での発売は2018年頃の見通しとのことですので、今年4月のデビューは間に合わなそうです。, こちらの情報ですが、XMコンセプトは、東南アジアで「エクスパンダ―」という名で発売されることが決まってます。, 日本での発売は、今のところ無いようですが、発売されれば「デリカD4」になりそうですね。, でずので、「デリカD5」はこのXMコンセプトでも、セレナのOEMでも無く、新型が登場するとのことです。, 【関連記事】三菱 新型エクスパンダー 2018 Expander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7-seat crossover, 【参照】https://autonetmagz.com/mitsubishi-xm-concept-versi-produksi-tertangkap-kamera-sedang-diuji-jalan/54292/, 【参照】http://paultan.org/2016/12/15/mitsubishis-seven-seat-crossover-to-enter-production-next-year-nissan-version-likely-to-take-on-honda-br-v/, クリーンディーゼルの投入など、年々改良を重ねているが、安全装備やACCなどが無いなど、モデルの古さを感じます。, 【参照】http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/, -三菱 14年の一部改良を経た現行モデル。 新型デリカd:6へフルモデルチェンジ情報がある。. レースホモロゲモデルがまさかの2気筒で復活しそうなナゼ, どうなるマツダ どうする直6FR! 目次1 三菱 エクスパンダー フェイスリフト 20211.1 レビュー動画1.2 ... 目次1 三菱 新型トライトン 20192 カモフラージュ写真3 Barbaria ... 目次1 三菱 トライトン 20192 トライトン アスリートの写真3 主なスペッ ... 目次1 三菱・新型ランサーはメガーヌの兄弟車として2020年に登場か2 三菱・グ ... 目次0.0.1 国産車発売スケジュール:随時更新0.1 目次1 トヨタ:発売予定 ... 目次1 主なトピック&スペック1.1 主なトピック2 開発車両の写真 主なトピッ ... 目次1 主なスペック1.1 価格2 新旧比較動画3 インプレッション動画24 オ ... 目次1 主な特徴2 主なスペック:LS500(北米)3 発売日4 国内レビュー動 ... 目次1 レクサス LEXUS ISシリーズ 2021の最新情報2 スペック2.1 ... Copyright© 関係者の方からの情報によると、デリカd2のフルモデルチェンジは2020年12月24日に発表となるようです。 公式発表前でホームページなどにも選考情報は載っていませんが、各ディーラーさんではすでに商談用の資料が用意されているところもあるようです。 新型フリードのフルモデルチェンジ、発売時期は、2021年中と予想されています。次期フリードのデザイン、サイズ、パワートレイン燃費、価格予想など、最新情報、リーク情報を紹介します。 三菱は新型デリカd:5のビックマイナーチェンジを行い2018年11月21日から予約受け付けを開始。2019年2月15日に発売した。フルモデルチェンジをしデリカd:6ではなく今回はビックマイナーチェンジにより新型デリカd:5としてフロントフェ 当サイトの情報は正確性を保証するものではありません。当サイトの閲覧はご利用される皆様の自己責任でなされるものであり、当サイトの閲覧によって生じたいかなる損害に関しても、一切の責任を負いません。, LOVECARS!TV!キャスターで自動車ジャーナリストの河口まなぶ氏によるインプレッション。かなり上々の出来のようです。, MITSUBISHI NEW DELICA D:5 その進化は?概要&内外装&走り!三菱 新型 デリカ D:5 徹底チェック E-CarLife with YASUTAKA GOMI 五味やすたか, MITSUBISHI NEW DELICA D:5 どう進化した? 三菱 新型 デリカ D:5 徹底チェック E-CarLife with YASUTAKA GOMI 五味やすたか, 三菱 新型エクスパンダー 2018 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54462239.html, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54448329.html, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54389160.html, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54321476.html, https://www.autocasion.com/actualidad/pruebas/fotos-espia-del-mitsubishi-delica-2019/amp, https://www.carscoops.com/2018/06/mitsubishi-tames-delica-minivan-concept-production/, https://www.motor1.com/news/229259/mitsubishi-delica-spied-testing/, http://web.motormagazine.co.jp/_ct/17108242, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/53356262.html, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51783726.html, http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-leaks-out-275153, http://indianautosblog.com/2017/07/mitsubishi-expander-new-teasers-274604, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/50698713.html, http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/51116004.html, 三菱 新型エクスパンダー 2018 Expander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7-seat crossover, https://autonetmagz.com/mitsubishi-xm-concept-versi-produksi-tertangkap-kamera-sedang-diuji-jalan/54292/, http://paultan.org/2016/12/15/mitsubishis-seven-seat-crossover-to-enter-production-next-year-nissan-version-likely-to-take-on-honda-br-v/, http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/styling/, 三菱 エクスパンダー フェイスリフト 2021 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7-seat crossover, 国産ミニバン 2017年はマイナーチェンジのラッシュ【マイナーチェンジ情報まとめ】, 三菱 新型ランサー 2020 11代目 (日本名:ギャラン・フォルティス) 【新型情報・発売日・スペック・価格】, 2020年11月19日に日本発売開始 レクサス LS マイナーチェンジ 2021 【新型情報・発売日・スペック・価格】, 2020年11月5日 日本発売 レクサス 新型IS 2021【新型情報・発売日・スペック・価格】, 2020年11月6日発愛 ホンダ 新型オッデセイ 2021 6代目 【新型車情報・発売日・スペック・価格】, フロアマット(ブラック×ダークブラウン、JASPERロゴメタルエンブレム、吸・遮音機能付). 現行三代目は12年にフルモデルチェンジ。市場を考えれば次期型はない可能性も。 キューブ:2020年. このご時世に高級化へ舵をきったマツダの命運を占う, 「なるべく安くて新しい車がほしい」に全力で応えます!! 三菱自動車は、人気のコンパクトミニバン「デリカd:2」をフルモデルチェンジした。全長を伸ばし、荷室空間も拡大。後席の快適性もアップさせている。また、安全装備や機能の充実を図っており、ますます魅力を高めている。ベースモデルとスタイリッシュなカスタムを用意。 プリウスと言えばハイブリッドカーというイメージを抱いている方は多いだろう。 しかしながら、次期型ではphvモデルが主役となる可能性が高いと推測している。 その理由は2つある。 ホンダが、ミニバン「ステップワゴン」「ステップワゴンスパーダ」のフルモデルチェンジを予定しています。 新世代とすることにより魅力をアップする新型ステップワゴンについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。 RVRのフルモデルチェンジを紹介:2021年以降に発売される、搭載されるエンジンは直列3気筒の1.1Lか日産のe-powerになるだろう、ボディサイズはコンパクトになりC-HRやヴェゼルがライバルとなるなど、新型RVRのフルモデルチェンジを紹介する。 次期プリウス フルモデルチェンジでphvが主役になる可能性が高い. 2020 All Rights Reserved.

梅田 カットカラー 3500円, 住宅ローン 金利 予想, はがき コンビニ ローソン, 住宅ローン 引き落とし日 残高不足, 2 人目 何歳まで, 外科 代謝 栄養 学会 2017, グレイ テスト ショー マン 酒場, 二 泊 三 日 車なし,